ビジネスマナーQ&A 報告編

2016/10/4ビジネスマナーQ&A

ビジネスマナー「報告編」
・・・・ 現代礼法研究所 岸田輝美さんにお伺いしました


知っているようで意外に知らない、ビジネスのマナー。訪問編、オフィス編、電話編、メール、会食編と学んできましたが、今回は報告編。回答は、現代礼法研究所の公認講師岸田輝美さんです。

仕事でミスをしてしまいました。できれば自分一人で解決したいと思います。このような時どう対応することがいいのでしょう?
 

  • 自分一人で頑張って解決するべきだ
  • 努力してみて手に負えなくなったら上司に報告する
  • 直ぐに上司に報告してどうすればよいか指示を受ける
ミス





答えは③です

岸田輝美

上司に叱れらるのもいやなのでなるべく自分で解決したいと思う方が多いようです。しかし、一人で考えたその判断が間違っていたら取り返しのつかないことになりかねません。2次災害にならぬようミスの報告は「素早く、恐れず、包み隠さず」です。



どうしても行きたかったライブのチケットが1週間前に取れました。勤務日です。ファンが多くなかなかチケットが取れないライブです。会社にはどのように届け出ればよいでしょうか?

  • 1週間前に上司に届け出る
  • 当日「風邪で休む」と電話で届け出る
  • 3日前に上司に申し出る。
チケット


答えは①です

岸田輝美


旅行など予定を立てて会社を休む時は、なるべく早く休暇届を出しましょう。早めに伝えてくれた方が仕事の計画が立てやすいです。お客様や職場の仲間に迷惑をかけないようわかった時点で上司に伝えて許可を得ましょう。

上司から指導を受けているときにやってはいけないことは次の中でどれでしょう?

  • 忙しかったので「メールにしてもらえませんか」と言った
  • 「はい」と返事をし、そばに立ちメモを取りながら聞いた
  • 理解できないことは、話が切れたところで質問した
報告


答えは①です

岸田輝美


指導していただけるという感謝の気持ちで直ぐにそばに行きます。忘れないようにしっかりとメモをとりましょう。わからないことは訊いて理解をするようにします。『メールで教えて』といういい方は上司の好意に対して失礼です。

朝起きたら熱がありました。風邪のようです。会社へはどのようにして休みの連絡をしたら良いでしょう?

  • 始業時間の10分後に自分で上司に電話をする
  • 始業時間の10分前までに自分で上司に電話をする
  • 始業時間の10分前までに親に頼んで上司に電話をかけてもらう
かぜ





答えは②です

岸田輝美

急な休みの連絡は、自分がかけて上司と直接電話で話しましょう。自分の体調のことや急いでいる業務などを伝えましょう。会社に迷惑がかからないよう自分で伝えましょう。始業時間の10分前までには電話をすることで上司が当日の仕事の計画を立ててくれます。


取引先から課長宛てに電話がはいりました。課長は来客中です。「折り返します」とお伝えしたところ、先方もこれから出かけるのでまた電話をくれると言ってくれました。電話を切った後どのような行動をとるのが一番いいでしょうか?

  • 課長の机の上に電話をくれた取引先の方のメモを置いておく
  • また電話すると言ってくれたので特に何もしなくて良い
  •  
  • 課長の机にメモを置き、課長が戻ったら、そのことをを伝える






答えは③です

岸田輝美

また電話すると言ったからと課長に報告を怠ると課長は初めてくれた電話と思い話し出します。このような対応になると取引先は報告ができていない会社だと思い不信感を抱くでしょう。①のように机の上にメモを置くだけでは見落としてしまうこともあります。念には念を入れて席に戻った課長に一声かけるまでが責任ある報告の仕方です。

■プロフィール■

岸田輝美
現代礼法研究所代表岩下宜子氏に師事。公認マナー講師として活躍。ジュニア・子供たちのマナー教育においては、「NPO法人マナー教育サポート協会」の副理事長兼研修事業部部長を務める


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。