子供を産みたいけど迷っています。 <no.5>

子供を産みたいけど迷っています。

2014/10/15キャリアカウンセラーが悩みを解決します。「あなたのキャリアにハナマルを!」

今回の相談

35歳。正社員として働いてからもうすぐ10年になります。そろそろ子供がほしいのですが、会社には明確な産休・育休制度がありません。出産した場合に復帰できるかどうか、わかりません。これを機に制度が充実した会社への転職も考えていますが、今の業界だとなかなか充実した企業は少なく、仮に転職しても、すぐに産休をとるわけにいかないので、悩んでいます。

相談者profile

名前
浅田 幸子(あさだ さちこ・仮名)さん
年齢
35歳
家族構成
家族構成/夫(37歳)
職歴
・イベント企画会社A社勤務(契約社員) 2年
・イベント企画会社B社勤務(正社員) 9年
資格・特技
・普通自動車運転免許
・趣味 アウトドア、映画鑑賞
・TOEIC 730点
希望の職種・働き方
・産休・育休制度が充実している会社で働きたい
・仕事復帰が可能な職場環境を希望
わわわ

上田晶美さんからのアドバイス

育児休業は今のところで取りましょう。

アドバイス1

もしも転職してから産むとしたら
もしもあなたがこれから転職活動をして、育児休業の取りやすい会社に入れると仮定して計算してみます。転職活動に約3か月かかったとして、そこで円満退社し、次の会社に務められるのは、早くても半年後。36歳になる年です。育児休業は1年以上働いた社員に認められますので、1年働き、その後ちょうど妊娠できたとして、37歳。出産するのはその10か月後ですから、38歳ですね。最短で38歳での初産となります。出産は無理ではないですが、平均の初産の年齢からは10歳年上です。かなりのリスクがあります。妊娠も簡単にできるとは限りません。今は不妊で悩む人もすくなくありませんし、不妊治療は若いほど妊娠の可能性が高くなります。
最短で38歳です。転職活動に時間がかかると、39歳、40歳とどんどん出産年齢は高くなりまますよ。

アドバイス2

育児休業法という法律がある
本当に子どもがほしいなら、既に35歳は待ったなしの年齢です。今の会社で出産して働くのが良いように思えますが、いかがでしょうか? 
会社に産休・育休制度がないということですが、それでは法律違反の会社ということになりますね。育児休業法と言う法律があるのですから、もしも制度が明文化されていなくても、育児休業は取れますよ。人事の担当に相談してみましょう。

アドバイス3

あなたが第一号になりましょう
前例がなくても、会社に相談したら育児休業を取ることができたという人はたくさんいます。あなたが第一号になり、後輩たちに道を拓いてあげましょう。育児休業取得者がいるということは、良い会社だという広報活動の一環になります。ワークライフバランスのとれた会社ということで、補助金が出る場合もあります。国はワークライフバランスを奨励していますから。
今のうちに、育児休業がとれるように社内で根回しなさるのが得策と思います。
高齢出産のリスクなどを考えると、自分のためにも早い方がいいし、転職してから育児休業を取ろうというのは無理な話です。育児休業を取ろうと思って転職してくる人をほしい会社があると思いますか? 若ければ別ですが、既に35歳。この会社で育児休業を取るのがいいと思いますよ。

主婦におすすめの求人はこちら

「自分に向いている仕事がわからない」「仕事に復帰したいけど職場に馴染めるか心配」「育児と仕事を両立させる方法が知りたい」など、女性は結婚・出産を経てさまざまな悩みを抱えがち。独りで悩まないでプロのキャリアカウンセラーに相談してみませんか?ご希望される方は下記の「相談する」ボタンをクリックして、フォームに必要事項を記入してくださいね。 たくさんの方からのご応募をお待ちしています。

  • ※ご自身のこれまでのお仕事内容や希望条件について、下記のフォームにご記入ください。
  • ※サイトに掲載しても構わない方のご応募をお待ちしています(サイト掲載時は仮名表記可)。
  • ※相談者が多数の場合は編集部で厳選のうえ掲載いたします。ご了承ください。

相談する

著者プロフィール

上田晶美さん

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 代表 財団法人 女性労働協会 理事 日本キャリア開発協会 CDA

1994年日本初のキャリアコンサルタントとして創業。 以来20年に渡り、大学生、女性、主婦のキャリア支援を行ってきた。 自身も3児の母。年間全国で200講演を行う。 著書20冊。「ママも今日から働くワ」日本経済新聞出版社 「働くための話す・聞くコミュニケーションってなに?」ぺりかん社 など 現在、読売新聞に『就活ON・女子ナビ』を月に一度連載中。 早稲田大学卒。山口県出身

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 http://hanamaru-souken.com/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。