事務の仕事が見つからなくて困っています <no.7>

事務の仕事が見つからなくて困っています

2014/11/19キャリアカウンセラーが悩みを解決します。「あなたのキャリアにハナマルを!」

今回の相談

28歳。前職である経理事務を活かし、経理の仕事に就きたいと、50近くの会社に求職しましたが、毎回面接で落ちてしまいます。
どうしたら、就職することができるのでしょうか?

相談者profile

名前
春野幸子(はるの さちこ・仮名)さん
年齢
28歳
家族構成
独身・東京都内で一人暮らし
職歴
・高校卒業後就職。経理事務を6年間担当
資格・特技
・MOS Excel2013
・パソコン・スマホを使用したラジオ放送を1年間継続
希望の職種・働き方
・経理事務
・正社員での就業を希望
profile

川又 啓子さんからのアドバイス

面接の内容を振り返り、経理のスキルをブラッシュアップしていきましょう。

アドバイス1

退職理由の伝え方を再確認
50社にチャレンジした春野さんの頑張りは素晴らしいです。
ただ、やみくもに受け続けるのではなく、不採用の原因を探ってみましょう。例えば、退職理由はどのように伝えていますか。
退職理由は往々にしてネガティブに伝わりがちです。「また同じような理由で辞めてしまうのではないか?」と採用側は心配するからです。辞めた会社の批判にならないように気をつけましょう。

アドバイス2

4年間のキャリアブレイクの伝え方
4年間のキャリアブレイクがあるようですが、この位は心配いりません。ただ、面接ではこの期間に何をしてきたかが問われます。春野さんは趣味でラジオ放送を継続されているので、PCスキルに習熟している強みをアピールするのも良いでしょう。

アドバイス3

経理をブラッシュアップ
春野さんが経理事務の仕事を6年間続けてこられた実績は強みです。経理はこれからも必要とされる仕事ですから、経理にこだわって道を究めるのも良いでしょう。簿記などの資格を取得するのもひとつです。
面接では退職理由やキャリアブレイク期間についてポジティブに伝えましょう。また、PCスキルや経理の実績を強みに、経理の道を究めていくのも良いでしょう。

「自分に向いている仕事がわからない」「仕事に復帰したいけど職場に馴染めるか心配」「育児と仕事を両立させる方法が知りたい」など、女性は結婚・出産を経てさまざまな悩みを抱えがち。独りで悩まないでプロのキャリアカウンセラーに相談してみませんか?ご希望される方は下記の「相談する」ボタンをクリックして、フォームに必要事項を記入してくださいね。 たくさんの方からのご応募をお待ちしています。

  • ※ご自身のこれまでのお仕事内容や希望条件について、下記のフォームにご記入ください。
  • ※サイトに掲載しても構わない方のご応募をお待ちしています(サイト掲載時は仮名表記可)。
  • ※相談者が多数の場合は編集部で厳選のうえ掲載いたします。ご了承ください。

相談する

著者プロフィール

川又啓子さん

株式会社ハナマルキャリア総合研究所
キャリアコンサルタント

自身の転職や再就職経験を活かし、子育て中の女性の仕事に関する相談や学生の就職相談を年間約700件対応。産業カウンセラーとキャリアカウンセラーの資格を持ち、親身になって対応する傾聴力と的確なアドバイスで優しく背中を押すカウンセリングスタイルには定評がある。 元・国内線チーフ客室乗務員 一男の母

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 http://hanamaru-souken.com/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。