夫の将来が不安。自分にできることは? <no.9>

夫の将来が不安。自分にできることは?

2014/12/17キャリアカウンセラーが悩みを解決します。「あなたのキャリアにハナマルを!」

今回の相談

40歳。子供小2、年長。夫の会社が不景気で将来が不安。将来のために自分が何ができるのか、自分に合った仕事があるのか不安

相談者profile

名前
やまっち(・仮名)さん
年齢
40歳
家族構成
夫 小2と、幼稚園年長の娘
職歴
・イベント会社の事務6年。学童の職員(障害児の介助)3年
・リサーチ会社のOA事務(10か月)
資格・特技
接客の仕事が多かったので、対人交渉や人と話すことが好きです
希望の職種・働き方
・子どもが小さいので時間の融通の利く仕事を希望
profile

川又 啓子さんからのアドバイス

一人で抱え込まないことが大切です。焦らずにスモールステップから始め、だんだん行動を大きくしていきましょう。

アドバイス1

「未来予想図」で整理してみましょう。
やまっちさんは、夫の会社が不景気なために将来を不安に感じているのですね。
先のことは誰にも分かりませんが、将来のために準備しておくことは大切です。手始めに「未来予想図」を作成し、家族の今後を整理してみましょう。
※「未来予想図」とは、家族の未来年表のことです。
縦軸に年号(現在2014年~20年後の2034年まで)を、横軸にご家族4人全員の名前を記入し、各自の年齢や予測される行事を書き込んでみてください。20年後までの全体像がつかめるはずです。

アドバイス2

家族や知人・友人などのネットワークから援助を得ましょう。
まずは一人で悩まずに、夫と話し合い、夫婦で協力することが大切です。もし働くことになった場合は、子育てを助けてくれる人や場所の確保も必要になります。周りを巻き込むくらいの心意気で、力になってくれるキーパーソンを探しましょう。
仕事では、公的機関のマザーズハローワークを利用したり、やまっちさんのキャリアに似たロールモデルを探してヒントを掴むなど、焦らずにできることから計画的に動いていきましょう。

アドバイス3

仕事選びは3つの視点で考えて。
やまっちさんのように、お子さんが小さいうちは在宅や時間の融通が効く仕事を探すこともひとつですね。仕事と子育てを両立するには、長い目で仕事を考え、始めは小さく、だんだん大きくしていくクレッシェンドのイメージをもつことも大切です。
ただし、「接客・人と話す仕事」と一口に言っても数多くの職業が存在します。次の3つの視点を参考に、やまっちさんらしい職業を探しましょう。
 ①過去の経験・実績
 ②好きなこと・やりたいこと
 ③社会のニーズ
状況が許す場合には、40歳の今なら新しい仕事や起業にチャレンジすることも可能です。収入面はもちろん、社会的な繋がりや、やり甲斐なども忘れないで下さい。
まずは未来予想図を作成し、家族全員の今後を整理しましょう。仕事は3つの視点で探すことが大切です。何より、一人で抱え込まずに、お子さんが成長するまで助けてくれる人を探したり、長い目で計画を立てるなど、ご自分のキャリアも大切になさってくださいね。

「自分に向いている仕事がわからない」「仕事に復帰したいけど職場に馴染めるか心配」「育児と仕事を両立させる方法が知りたい」など、女性は結婚・出産を経てさまざまな悩みを抱えがち。独りで悩まないでプロのキャリアカウンセラーに相談してみませんか?ご希望される方は下記の「相談する」ボタンをクリックして、フォームに必要事項を記入してくださいね。 たくさんの方からのご応募をお待ちしています。

  • ※ご自身のこれまでのお仕事内容や希望条件について、下記のフォームにご記入ください。
  • ※サイトに掲載しても構わない方のご応募をお待ちしています(サイト掲載時は仮名表記可)。
  • ※相談者が多数の場合は編集部で厳選のうえ掲載いたします。ご了承ください。

相談する

著者プロフィール

川又啓子さん

株式会社ハナマルキャリア総合研究所
キャリアコンサルタント

自身の転職や再就職経験を活かし、子育て中の女性の仕事に関する相談や学生の就職相談を年間約700件対応。産業カウンセラーとキャリアカウンセラーの資格を持ち、親身になって対応する傾聴力と的確なアドバイスで優しく背中を押すカウンセリングスタイルには定評がある。 元・国内線チーフ客室乗務員 一男の母

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 http://hanamaru-souken.com/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。