子どもが小さいうちに資格をとりたい <no.10>

子どもが小さいうちに資格をとりたい

2015/1/7キャリアカウンセラーが悩みを解決します。「あなたのキャリアにハナマルを!」

今回の相談

37歳。子供3歳・0歳。子どもが小さいうちに、資格をとりたいと思っています。 社労士試験に挑戦しているのですが、3回連続落ち続けています。 あきらめた方がよいのでしょうか? それともまだがんばったほうがよいですか?

相談者profile

名前
山本さちこ(仮名)さん
年齢
37歳
家族構成
夫、長男3歳、長女0歳
職歴
・広告代理店で営業2年正社員、出版社正社員3年、不動産会社事務3年正社員。
資格・特技
・普通自動車運転免許、英検2級、仏検3級、高校教師免許、行政書士、宅建、FP3級、簿記2級、マンション管理士、管理業務主任者
希望の職種・働き方
・自宅、または小さい事務所で共同事務所か、雇われ事務員としてパートで働きたい。
・家事優先、夫の扶養範囲内。
profile

二本柳 聡美さんからのアドバイス

難しい資格にチャレンジするなら、将来のビジョンを明確にしてから

アドバイス1

宝の持ち腐れに注意
たくさん資格をお持ちですごいですね!行政書士、宅建、簿記2級・・・どれをとっても簡単に取れる資格ではありません。山本さんの勤勉なお人柄が伺えます。しかし、資格をたくさん持っていれば仕事に直結するかというと疑問です。社会保険労務士の資格も簡単に取れるものではありませんね。チャレンジ精神は素晴らしいことですが、今後山本さんが目指していく方向性に必要な資格かどうか見極めましょう。

アドバイス2

まずは、将来のビジョンを明確にしてから
ご自身で独立して社会保険労務士事務所を開業されるのであれば、資格は必須ですが、雇われ事務員ではそこまで要求される可能性は低いと考えられます。今後どのような方向に進んでいきたいのか、キャリアデザインを明確にした上で、資格取得を目指しましょう。履歴書にそうそうたる資格が並ぶのはすばらしいことですが、就きたい業務に関係のない資格を並べ立てるのは単なる資格マニアとも捉えられかねません。

アドバイス3

お子さんが大きくなればスクールに通える時間も
お子さんがまだ小さいのに頑張っていらっしゃってすごいですね!お子さんが小さいうちに、とお考えになるのには何か理由があるのでしょうか?まだ0歳児と3歳児の子育て中であれば、お子さんに手がかかりますね。毎日忙しい中、独学には限界があります。お子さんがもう少し大きくなれば、資格取得のためにスクールに通うこともできるかもしれません。スクールに通うとお金はかかりますが、人脈ができたり、仕事に関する情報も入りやすくなります。やはり社会保険労務士の資格を取りたい!と決意を新たにしたら、あまり焦らずに少し長い目で計画を立ててみてはいかがでしょうか?
簡単には取得できない資格を数多くお持ちの山本さん。これまで勤勉に資格取得のためにお勉強を頑張ってこられたのだと思います。社会保険労務士の試験も3回も挑戦されたとのこと、チャレンジ精神が旺盛で素晴らしいですね。しかし、まずは原点に立ち戻り、将来のビジョンを明確にしてみましょう。社会保険労務士の資格は必須のものでしょうか?もし、将来のビジョンを実現させるのに必須の資格であると再確認したら、後は取得までのスケジュールを再度検討してみましょう。お子さんがもう少し大きくなれば、スクールに通うという手もあります。人脈ができたり、求人情報が手に入ったりと、副次的なメリットもあります。ぜひ、頑張って下さいね。

「自分に向いている仕事がわからない」「仕事に復帰したいけど職場に馴染めるか心配」「育児と仕事を両立させる方法が知りたい」など、女性は結婚・出産を経てさまざまな悩みを抱えがち。独りで悩まないでプロのキャリアカウンセラーに相談してみませんか?ご希望される方は下記の「相談する」ボタンをクリックして、フォームに必要事項を記入してくださいね。 たくさんの方からのご応募をお待ちしています。

  • ※ご自身のこれまでのお仕事内容や希望条件について、下記のフォームにご記入ください。
  • ※サイトに掲載しても構わない方のご応募をお待ちしています(サイト掲載時は仮名表記可)。
  • ※相談者が多数の場合は編集部で厳選のうえ掲載いたします。ご了承ください。

相談する

著者プロフィール

二本柳聡美さん

株式会社ハナマルキャリア総合研究所 オフィスマネジャー キャリアコンサルタント

女性向け再就職支援講座、学生向け就職対策セミナー、キャリアデザイン講座の講師として年間約40回登壇。また、キャリアカウンセリング、応募書類作成や面接対策などを年間約1000件担当。東京都出身。一女一男の母。

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 http://hanamaru-souken.com/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。