幼稚園の子どもがいるが、短い時間だけでも働きたい。<no.35> 

幼稚園の子どもがいるが、短い時間だけでも働きたい。 

2016/2/4キャリアカウンセラーが悩みを解決します。「あなたのキャリアにハナマルを!」

今回の相談

幼稚園にいっている間の時間で働き始めたい

 

相談者profile

名前
木野節子(仮名)さん
年齢
40歳
家族構成
夫40歳 長男10歳 長女4歳
職歴
塾勤務5年後、飲食、アパレルなどで勤め、出産を機に退社。
資格・特技
なし
希望の職種・働き方
子どもがやっと幼稚園年中。短い時間からそろそろと働き始め、ゆくゆくは、正社員にもと考えています。どのようなプロセスで働いていけばよいでしょうか。そもそも幼稚園の短い時間では働くのは難しいでしょうか?
profile

川又 啓子さんからのアドバイス

自分らしい働き方に向け、無理せずにベビーステップで始めましょう。

アドバイス1

「未来予想図」で家族の生活スタイルと働き方をイメージ!
木野さんは、お子さんの成長に応じた働き方を探しておられるのですね。まずはご家族全体での「未来予想図」を作成し、家族の生活スタイルに合わせた働き方をイメージしてください。 ※「未来予想図」とは 家族の未来年表のことです。「第9回 夫の将来が不安。自分にできることは?」のアドバイス1 (http://job.living.jp/column/career-counseling/3536/)を参考になさって下さい。

アドバイス2

どのように働くのか、働き方を明確に!
まずは短時間からとのことですから、無理することなく、小さな一歩から始めていただきたいと思います。そのためにも、働き方全体を「5W2H」の視点で具体的にしましょう。主婦の再就職では、「近くのパート派」と「やりたいこと優先派」にわかれる傾向があります。「なぜ働くのか?」働く目的がポイントです。「ゆくゆくは正社員にも」との希望に加え、「木野さんのやりたいこと」についても考えてください。短期・中期・長期視点で考えるなど、段階的に計画するのもひとつです。

アドバイス3

実際の求人を調べるなど準備開始!
考えが固まったら、ご希望に合う求人を探しましょう。「リビング おしごとnet」では、ご自宅で手軽に求人を探せます。この他、マザーズハローワークや新聞広告なども参考にしてください。応募する際には、履歴書や面接対策も必要です。写真撮影などは時間に余裕をもって準備しましょう。他方、緊急時にお子さんを頼める先など、ネットワーク作りも必要です。お子さんとの日々のスケジュールやイベントのやりくりなどについてもシミュレーションしてみてください。

扶養の範囲内のお仕事はこちら

■東京都内 ■神奈川県内 ■埼玉県内 ■千葉県内

そのほか、ママにうれしいこんなお仕事もあります

■託児所のある職場

働くと一口に言っても、仕事には様々な業種・職種があります。木野さんの希望や方向性を具体的にした上で計画を立て、ベビーステップで始めていただきたいと思います。

「自分に向いている仕事がわからない」「仕事に復帰したいけど職場に馴染めるか心配」「育児と仕事を両立させる方法が知りたい」など、女性は結婚・出産を経てさまざまな悩みを抱えがち。独りで悩まないでプロのキャリアカウンセラーに相談してみませんか?ご希望される方は下記の「相談する」ボタンをクリックして、フォームに必要事項を記入してくださいね。 たくさんの方からのご応募をお待ちしています。

  • ※ご自身のこれまでのお仕事内容や希望条件について、下記のフォームにご記入ください。
  • ※サイトに掲載しても構わない方のご応募をお待ちしています(サイト掲載時は仮名表記可)。
  • ※相談者が多数の場合は編集部で厳選のうえ掲載いたします。ご了承ください。

相談する

著者プロフィール

川又啓子さん

株式会社ハナマルキャリア総合研究所
キャリアコンサルタント

元・国内線チーフ客室乗務員。自身の転職や再就職経験を活かし、首都圏の自治体・大学・企業においてキャリア支援活動を行う。キャリアカウンセリング年間約700件対応。 産業カウンセラー/キャリアカウンセラー/心理相談員 プライベートでは一男の母

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 http://hanamaru-souken.com/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。