働き始めたいが、子供たちのしつけのことが不安<no.36> 

働き始めたいが、子供たちのしつけのことが不安 

2016/2/17キャリアカウンセラーが悩みを解決します。「あなたのキャリアにハナマルを!」

今回の相談

子どもの教育資金など、将来のことを考えると30代のうちに、長く働ける事務の仕事を探したいと考えているのですが、小学生の子供たちのしつけのこと、勉強のことなどを考えると不安です。 もう少し、働き始めるのを遅らせる方がいいのでしょうか?

 

相談者profile

名前
久保田みどり(仮名)さん
年齢
35歳
家族構成
夫35歳 長男10歳 長女8歳
職歴
流通業界で2年勤務後出産退社。
資格・特技
普通自動車運転免許、英検2級、 なし
希望の職種・働き方
できれば事務の仕事で、長く働きたい。
profile

川又 啓子さんからのアドバイス

お母さんが再び働き始める際には何かと準備が大切ですね。久保田家ならではの約束事を家族で共有し、一日や一週間のスケジュールを計画、少しずつ実践するところから始めてみてください。お子さんの成長する力を信じてチャレンジしていただきたいと思います。

アドバイス1

家族で大切にしたい約束事を考えましょう。
お子さんが小学生ともなれば、生活習慣や勉強など、親としては何かと気になるところです。 これを機に、「我が家の約束事」について考え、不安を解消してみませんか。例えば、食事の好き嫌いや早寝早起き、挨拶などTOP10を挙げてみてください。お子さんの成長・発達に合わせて、新学年毎にリニューアルするなど、楽しみながら取り入れていただきたいと思います。

アドバイス2

具体的な一日のスケジュールを考えましょう。
また、家庭の仕事は家族全員で分担するしくみに切り替えましょう。お手伝いや家庭学習の習慣がつくように、「家族(こども)の24時間表」や「家事の分担チェックシート」を作成し、少しずつ実践していただきたいと思います。経験の積み重ねがお子さんの力になります。働くお母さんたちのアイディアも参考にするなど、お子さんができそうなところから始め、達成感を味わえるように工夫なさってください。

アドバイス3

ベビーステップから始めましょう。
お子さんの成長度合いや個性は千差万別です。お母さんが教育や生活習慣について不安を感じる場合に無理は禁物です。様子をみながら、パートから始めて少しずつ働く時間を長くしていくなど、ベビーステップでチャレンジしていただきたいと思います。また、お子さんの教育については一人で抱え込まず、夫様はもちろん、地域の人々や、預かり教室、習い事などできるだけ多くの人々に協力してもらいましょう。
子供は社会生活の中でこそ大きく成長していくものだと考えます。小学生になると、一緒にいる「時間の長さ」よりも「関係性の深さ」が増してくる頃ですが、決して無理はせず、お子さんの年齢や自立度に応じて対応なさってください。「ベビーステップ」で、できるところから少しずつチャレンジしていただきたいと思います。

「自分に向いている仕事がわからない」「仕事に復帰したいけど職場に馴染めるか心配」「育児と仕事を両立させる方法が知りたい」など、女性は結婚・出産を経てさまざまな悩みを抱えがち。独りで悩まないでプロのキャリアカウンセラーに相談してみませんか?ご希望される方は下記の「相談する」ボタンをクリックして、フォームに必要事項を記入してくださいね。 たくさんの方からのご応募をお待ちしています。

  • ※ご自身のこれまでのお仕事内容や希望条件について、下記のフォームにご記入ください。
  • ※サイトに掲載しても構わない方のご応募をお待ちしています(サイト掲載時は仮名表記可)。
  • ※相談者が多数の場合は編集部で厳選のうえ掲載いたします。ご了承ください。

相談する

著者プロフィール

川又啓子さん

株式会社ハナマルキャリア総合研究所
キャリアコンサルタント

元・国内線チーフ客室乗務員。自身の転職や再就職経験を活かし、首都圏の自治体・大学・企業においてキャリア支援活動を行う。キャリアカウンセリング年間約700件対応。 産業カウンセラー/キャリアカウンセラー/心理相談員 プライベートでは一男の母

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 http://hanamaru-souken.com/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。