お仕事スタート前1か月。今しておいた方がいいことは?<no.40> 

お仕事スタート前1か月。今しておいた方がいいことは? 

2016/4/20キャリアカウンセラーが悩みを解決します。「あなたのキャリアにハナマルを!」

今回の相談

いよいよ来月から、フルタイムで働くことになりました。普通のオフィス勤務は初めてのため、名刺の渡し方や服装のルール、電話のマナーなども良くわかりません。1か月でどのような準備をすればいいでしょうか?

 

相談者profile

名前
上村裕子(仮名)さん
年齢
42歳
家族構成
夫42歳 長男15歳 長女13歳
職歴
飲食店勤務5年。結婚後も販売のパートは数社経験するが、オフェイス勤務の経験なし。
資格・特技
なし
希望の職種・働き方
子どもたちの学費のこともあり、フルタイムでしっかりと働いていきたい。
profile

川又 啓子さんからのアドバイス

気になるビジネスマナーの基本を確認し、主婦モードを仕事モードに切り替えましょう!何より初日が大切です。まずは挨拶を徹底し、良好な人間関係をスタートさせてください。

アドバイス1

人間関係の基本は挨拶からスタートします。
初対面の印象の善し悪しは、その後の人間関係に影響するといわれています。まずは、自分から積極的に挨拶を行い、仲間として受け入れてもらえるよう心掛けましょう。姿勢をただし、笑顔で相手の目をみて行うあいさつは誰の目にもすがすがしく映るでしょう。また、ビジネスの現場では名刺交換が不可欠です。「いただいた名刺は相手の顔」とこころえ、大切に取り扱ってください。基本ポイントを押さえ、名刺入れを準備して練習なさってくださいね。。

アドバイス2

身だしなみの3つのポイント。
第一印象においては、身だしなみ(服装や髪形、メイクなど)を整えることも大切です。身だしなみの基本は、「清潔・機能的・調和」の3点です。アクセサリーやネイルなどのおしゃれは周りから浮かないように控えてください。早くオフィスになじめるように、現場の上司や先輩を見習うとよいですね。

アドバイス3

電話のマナー
電話は声だけが頼りです。会社の代表のつもりで、「丁寧・迅速・正確」に対応しましょう。 内容に間違いがないようメモを取り、復唱確認を徹底してください。敬語のフレーズも基本パターンを覚え練習しておきましょう。ただし、第一声や文言については会社ごとに決まりがあります。現場のルールに従い、わからない点は必ず確認するようにしてください。
フルタイムでの社会復帰に向け、期待と不安が入り混じっていることと思います。ビジネスマナーの基本を確認&練習し、落ち着いて初日に臨んでください。仕事も大切ですが、同じくらい人間関係が大切です。上村さんらしい挨拶で、良好な人間関係の構築に努めてくださいね。再就職、本当におめでとうございます。ご活躍を応援しています!

「自分に向いている仕事がわからない」「仕事に復帰したいけど職場に馴染めるか心配」「育児と仕事を両立させる方法が知りたい」など、女性は結婚・出産を経てさまざまな悩みを抱えがち。独りで悩まないでプロのキャリアカウンセラーに相談してみませんか?ご希望される方は下記の「相談する」ボタンをクリックして、フォームに必要事項を記入してくださいね。 たくさんの方からのご応募をお待ちしています。

  • ※ご自身のこれまでのお仕事内容や希望条件について、下記のフォームにご記入ください。
  • ※サイトに掲載しても構わない方のご応募をお待ちしています(サイト掲載時は仮名表記可)。
  • ※相談者が多数の場合は編集部で厳選のうえ掲載いたします。ご了承ください。

相談する

著者プロフィール

川又啓子さん

株式会社ハナマルキャリア総合研究所
キャリアコンサルタント

元・国内線チーフ客室乗務員。自身の転職や再就職経験を活かし、首都圏の自治体・大学・企業においてキャリア支援活動を行う。キャリアカウンセリング年間約700件対応。 産業カウンセラー/キャリアカウンセラー/心理相談員 プライベートでは一男の母

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 http://hanamaru-souken.com/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。