「あなたの能力を高める最強の方法とは?」

2015/5/13能力開発のエキスパート藤田 聰の「働く女性を応援するコラム」

43674045

出産や子育てなど、職場を離れて数年間経過した方は復帰するために能力を高めなければならないと考えているものです。手っ取り早い方法と言えば、資格の取得。介護やパソコンなど、再就職に有利に働くような資格にチャレンジされる方が実に多いですね。

能力の構造という視点でみると、資格の取得は一番外側に位置付けられるものです。構造的に環境の変化の影響を受けやすいものなので、恒久的なものかどうかをきちんと見極めることが重要です。即効性があるので、その意味では対処療法的なものです。


今回、私がお薦めしたいのは能力開発の根幹を明確化して、能力開発に対して強いエンジンを持つことです。根幹とは自分のビジョン(理想像、目的地、夢)を明確化し、その実現に向けて具体的な計画を立て、行動し続けることです。こちらは根治療法的なものです。

弊社が調査した、ビジネスパーソン1万人の能力調査結果の例になりますが、ビジョン策定・概念化能力が仕事力全体に最も影響を与えている項目です。つまり、ビジョンの得点が高くなると、構造的に近い位置にあるバリュー(価値観、理念、行動の規範となるもの)やストラテジー(ビジョンに辿り着くための行動計画)も明確になります。その他、リーダーシップ、情報収集、タイムマネジメント、メンタルマネジメントなどのビジネス基礎能力も高くなります。つまり、ビジョンを明確化することが万能薬になるのです。

では、どうやってビジョンを描くか?まずはお手本になる方を探すことです。周りの方で10歳くらい年上で最も輝いている方を参考にしましょう。その人を理想像とし、どうすればそこまで辿り着けるかを考え、計画・実行していくやり方です。どんなジャンルであれ、成功された方には師匠のような存在や目標となるべき人物がいるものです。

また、ビジョンはワクワクしたものであればあるほど、モチベーションに繋がります。それを達成した時、心から喜べるもの、みんなと分かち合えるもの、社会や世の中に役立つものであることが望ましいでしょう。

能力開発のエンジンであるワクワクするようなビジョンを策定し、そこに辿り着くための道筋を考え、計画したことを行動し続けることが本当の強さに繋がります。夢を持つことは市場価値を高める最強の方法と言えるのです。


潜在的な能力に基づいたビジョンを明確化しましょう!

藤田 聰

著者プロフィール

藤田 聰さん

株式会社 企業変革創造 代表取締役社長/能力開発のエキスパート

慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程専修。日本IBM、PAOS、組織人事コンサルティング会社取締役を経て独立。2000年、株式会社市場価値測定研究所を設立。2010年、株式会社企業変革創造を設立する。現在、立教大学経営学部兼任講師、日本生産性本部主任講師、AllAboutの「キャリアプラン」・「リーダーシップ」オフィシャルガイドを担当。2015年7月、通算10冊目の著作「夢は目標ではなく、成長の手段である。」をダ イヤモンド社より出版。

株式会社 企業変革創造 http://www.v-change.co.jp/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。