子育てと買い物の経験を活かしたお仕事を考える

2015/8/12能力開発のエキスパート藤田 聰の「働く女性を応援するコラム」

43674045

結婚、出産、育児を経て、下の子が小学校に上がる頃、しばらく時間的・精神的な余裕が生まれ、パートタイムでの仕事に復帰される人は多いものです。夕方までに帰宅することを前提に、この時期は自宅から比較的近い距離でお仕事を探されていることでしょう。小学校に送り出した後のおおよそ9時~16時までの間でできる仕事を選択することになります。

専業主婦という特性を活かした仕事を考える上で、子育て経験や買い物経験が直ぐに思い浮かびます。まず、子育て経験を活かしたものとして、地域に密着した登録型のベビーシッターの仕事は恒常的に需要があります。現在の風潮として、小学校に入るまでの幼児教育が非常に重要ということなので、幼児教育のスクールは比較的繁盛しています。スクールの先生の補助支援をするスタッフなど、常に募集しており、子育て経験を直ぐに活かせる仕事でしょう。

これらの例は自ら試行錯誤した育児経験を活かした職種と言え、事務系のスキル、例えば、PCでの書類作成能力―ワードやエクセル、パワーポイント等を使いこなすスキル―があまりない人、店舗等での接客に必要なコミュニケーションスキルに自信のない人にはおすすめです。

近い将来、このような仕事に就くことをイメージすることで、毎日目的をもって子供に接することになるでしょう。子育てが一段落した後、この経験を活かした形で仕事をする、お金を稼ぐというイメージを明確に持つことで、今の育児についても、よりプロ意識が強くなっていくものです。

子育て等の支援の仕事をする際に、「預かった子供の未来を創造支援していく、その子供との関わり方によってはその子供の人生を大きく左右する」、というくらいの気概を持って仕事に励むことができ、やり甲斐のある仕事になると言えます。

次に、買い物経験を活かしたものとして、日頃ご利用されているスーパーなどの覆面調査の仕事があります。まさに地域密着型の仕事といえるでしょう。覆面調査会社は市場調査員を常に募集しているので人材登録しておけば、お声が掛かるはずです。通常、スーパーなどに出向き、アンケート調査票に基づいた覆面調査をして、自宅のPCで決められたフォームに入力をして調査報告書を作成する仕事です。こちらは観察力と文書作成力(語彙力と論理的思考力等)が求められる仕事です。調査期間内の隙間時間を有効に使え、自宅で空いた時間に仕事ができるのも魅力的でしょう。

以上、地域密着型のお仕事例を紹介させていただきました。是非、ご自分の育児経験や買い物経験を仕事に活かすことを意識して、再就職活動をして下さい。

あなたの特性に合ったお仕事選び

藤田さんの話題の本を3人にプレゼント!
市場価値が高い人の共通点は「夢を描く力」にあった! 50万人の市場価値データの分析結果によれば、「『10年後のなりたい姿』を明確に描くと、時間の使い方がうまくなり、メンタルが強くなり、リーダーシップが身につく」そうです。この本では、そんな夢のような話を豊富な事例で証明し、「正しい夢の描き方」を解説しています。パナソニックや日立製作所などの大企業で、キャリア開発と設計に携わってきた藤田氏による、新しい仕事力の本は幅広い層に支持されていて、必見の価値ありです。
『夢は目標ではなく、成長の手段である』
(ダイヤモンド社)1400円+税

応募はこちら

藤田 聰

著者プロフィール

藤田 聰さん

株式会社 企業変革創造 代表取締役社長/能力開発のエキスパート

慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程専修。日本IBM、PAOS、組織人事コンサルティング会社取締役を経て独立。2000年、株式会社市場価値測定研究所を設立。2010年、株式会社企業変革創造を設立する。現在、立教大学経営学部兼任講師、日本生産性本部主任講師、AllAboutの「キャリアプラン」・「リーダーシップ」オフィシャルガイドを担当。2015年7月、通算10冊目の著作「夢は目標ではなく、成長の手段である。」をダ イヤモンド社より出版。

株式会社 企業変革創造 http://www.v-change.co.jp/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。