上司に想いが通じない

2012/10/31キャリアが輝くオシゴト術

キャリアが輝くお仕事術

社内に相談できる先輩女性はいますか?
キャリアコンサルタントであり現役部長が、現場から働く女子たちにエールをお送りします!
キャリアを輝かせるヒントから仕事のハッピーを見つけて★

 日々の仕事の中で、上司に言いたいことが伝わらない、想いが通じないと感じている女性が多いようです。どうせ仕事と割り切る方法もありかもしれませんが、それはそれでちょっと寂しいような気がします。前回の記事で、職場は男性社会のルールで動いている、と書きました。では、「男性たちの職場ルール」って、いったいどんなことでしょう?

役割を意識してイエスで応える工夫を

 仕事の仕方でいえば、男性は「役割」を重視します。自分の守備範囲を超えないところで、最大の成果を出そうと努力しています。女性からみると、時に物足りなく感じるその言動も、もっと広い目で見てみれば、会社は多くの役割の集合体で動いているのですから当たり前。例えば、サッカーや野球と同じです。ヒトの仕事に口を挟んで、肝心の自分の業務がおろそかに・・・なんてことにならないようにね。

 もうひとつ大切なポイントは、話しの仕方。上司からの問いかけには、ビジネスライクに簡潔に答えましょう。間違っても「仲良しだから」などと、友達に対するように話したりしないように。オンオフをわきまえない言動は、プロの職業人としてのあなたの価値を下げることを自覚して。

 上司の質問に対する答えは〝結論から〟が鉄則です。どうしても経緯から話したいときには、まず結論、その後に経緯、もう一度結論、と順序だてて。 また、上司からの業務指示や依頼には、できるだけYesで応えられるよう工夫を。なぜなら、あなたの仕事は上司の仕事に繋がっているから。「彼女とは仕事がしやすい、力になってくれる」という上司の評価は「彼女はできる」とイコールなのです。評価されてはじめてあなたの活躍のステージが用意されるし、想いが通じる良好な関係が築けるのだと思います。

    キャリアが輝くシゴトの極意
  •  (1) 男性は、役割を大切にする
  •  (2) 話しは簡潔に、オンオフをわきまえて。質問には結論から答え、上司の業務指示にはできる限りYESで応える
  •  (3) 上司に評価されてこそ、活躍のステージが与えられる

このコンテンツは2007年~2010年、エフシージー総合研究所の『情宣ニュース』に掲載されたものに一部、加筆修正をして再編集しました。


Profile

鈴木美和
サンケイリビング新聞社デジタルビジネス局デジタルコンテンツ部部長。産業カウンセラー、キャリアコンサルタント。
清泉女子大学卒業。1988年リビング新聞グループに入社。社長秘書、総務、人事、編集、OL・主婦の女性組織管理に従事した後、広告セールスを経験。04年には女性営業チームリーダーに。女性活躍支援事業「アカデミーア・ミネルヴァ」を06年にスタートさせ、10年7月より現職。著書に『どこへ向かうべきか迷っているあなたへ-心の棚おろしで見つけるハッピーワーク&ライフ』がある。

鈴木美和(写真)


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。