だる~い気分を一掃!「やる気スイッチON」になる5つの方法

2014/8/4主婦のキャリアアップ応援! キャリアカウンセラー高嶋ちほ子の「悩みスッキリ!ポジティブ処世術」

第29回 だる~い気分を一掃!「やる気スイッチON」になる5つの方法

「孤独な生活は、どんな人でも毒してしまう。○○のない人生に、いかなる達人も耐えられるものではない」とは、白洲正子さんの言葉です。○○に入るのは、次のうち、どれ?

  • 仕事
  • 快楽
  • 目的

さて、今回のお悩み相談です。

お悩み

毎日、暑くて何もする気が起きません。彼氏もいないし、飲み会や遊びに誘ってくれる人もいません。休日も一人で家にいて、うつ病のようになってきました。(T子・派遣・38歳・独身)

外見に変化をつけると、人と会いたくなる

毎日、ものすごく暑いですよね。
「暑い→何にもやる気が起きない→家に閉じこもる→うつ傾向になる」
と負のスパイラルに陥ってしまう人、結構多いようです。やる気が出ないからといって、いったん人とつき合わなくなると、どんどんうつ傾向になってしまうので、早めの対処が必要です。

では、何にもやる気が出ないときはどうするか。「やる気スイッチ」を入れる方法をあげてみました。

1.ネイル、美容院などに行き、外見に「変化」をつける
暑いと、美容院に行くのもおっくうになりますよね。でもそれが落とし穴。外見がいまいちだと、どんどん人と会いたくなくなります。髪の毛を切ってみる、明るい色に染めてみる、かわいい色のネイルをするなど、ほんのちょっと外見を変えただけで気分も明るくなって、人と会いたくなりますよ。

2.「喫茶店」で本を読む
暑いからといって、家に閉じこもって本を読んだりしていると、どんどん気分が落ち込みます。同じ読書でも喫茶店で読んでいるだけで気分が上がってくるもの。すぐ近くの喫茶店でいいので、とにかく外へ出ることが大事です。

3.「花」を買いに行く
私がよくやる方法です。気分が落ちているときって、部屋の掃除をするのもおっくうになりますよね。そんなときは花を買いに外に出かけます。500円くらいの花を買ってくるだけでも、帰り道はうきうきしてきて、「せっかく花を飾るんだから、きれいにしよう!」と、自然とやる気モードになります。

4.「やる気のある人」を集めて、飲み会を開いてみる
気分が落ち込んでいるときって、不思議と誰も誘ってくれないんですよね。だったら自分で飲み会を開いちゃえばいいんです。ちょっと周りを見渡してみてください。こんなに暑くても、やけに元気な人っていますよね。そういう人を2、3人集めて飲み会を開きましょう。落ち込んでいるときは、マイナス志向の人が集まりがちですが、それではグチを言い合うだけで、ますます気分が落ち込んでしまいます。元気な人はおいしいものに目がない人。人気の焼肉店などを予約して、それをえさに前向きな人を集めましょう。

最大の「やる気スイッチ」は、「人を喜ばす」こと

さて、こんな風にして少し気分が上がってきたら、最後の仕上げに入りましょう。最大の「やる気スイッチ」、それは「人を喜ばす」ことです。

冒頭のクイズ、覚えていますか? 随筆家の白洲正子さんは、「ほんもの」という本の中で、「孤独な生活は、どんな人でも毒してしまう。目的のない人生に、いかなる達人も耐えられるものではない」と語っています。

人生に目的を…なんていうと、「そんなの、なかなか見つからない」と言う人も多いと思いますが、実は簡単なんです。それは「人に奉仕する」こと。もっと簡単に言うと、「人を喜ばせる」ことです。人を喜ばせることを常に考えていると、自然と目的のある人生を送ることができます。夏バテも孤独も吹っ飛びますよ。大丈夫、大丈夫。

プロフィール

高嶋ちほ子
キャリアカウンセラー・ビジネス書作家

上智大学文学部哲学科卒業。放送作家として活躍後、角川書店『東京ウォーカー』編集部、リクルート『B-ing』『リクナビNEXT』編集部などに在籍し、3000人以上の会社員をはじめ、料理人、クリエイター、作家、経営者、スポーツ選手など1000人以上の業界のトップに取材。編集・執筆に携わった著名人インタビュー『プロ論。』は累計40万部のベストセラーに。著書に『1日5分で「できる人」になれる!出世ドリル』『○○業界の法則事典』(PHP研究所刊)など。米国cce認定gcdfキャリアカウンセラー。

アーカイブ

忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。