紹介した友人同士が仲良しになっても気にしない、人脈作りの極意!

2014/5/5主婦のキャリアアップ応援! キャリアカウンセラー高嶋ちほ子の「悩みスッキリ!ポジティブ処世術」

第16回 紹介した友人同士が仲良しになっても気にしない、
人脈作りの極意!

紹介した友人同士が自分抜きでご飯を食べに行くようになって、とても気になる場合、どうしたらいい?

  • なんで自分を誘わないのか、電話で友人に聞いてみる
  • そういう行為はやめてほしいと、手紙を書く
  • それに懲りず、他の友人同士を紹介しまくる

さて、今回のお悩み相談です。

お悩み

先日、仲のいい友人Aさんから、同僚のBさんを紹介してほしいと言われ、3人でご飯を食べに行きました。その後、私を抜きにしてAさんとBさんが頻繁に会っていることを知りました。仲間外れにされているのかな、と気にしてしまいます。どうしたらいいでしょう。(J子・34歳・会社員・未婚)

バンバン友人を紹介しまくろう。
「神田うの理論」で楽しく人脈を育む

140505nayami-rotateイラスト/かたおかともこ

まさに、あるある! よかれと思って紹介したものの、紹介した人同士が仲良くなって、自分に内緒で会うようになった。これ、本当によくある悩みですよね。
本来は、自分が紹介した人同士が仲良くなることは、すごくうれしいことのはず。でも自分に内緒で会われると何だか寂しい気分になる・・・。私も20代、30代はそんなことでくよくよしていたのですが、あることがきっかけで「紹介した人同士が何をしようと、一切気にしない」ようになり、ものすごく気がラクになりました。

きっかけとなったのは、タレントの神田うのさんのテレビでの発言です。「私、知り合い同士が友達になるのが大好きで、バンバン紹介しちゃうんです」とうのさん。正直、最初は「何が面白いんだろう?」と思ったのですが、パンスト御殿に住んでこの世の春を謳歌している神田うのさんから言われると、実践してみたくなりまして。不肖高嶋、まあとりあえず、やってみたわけです。とにかく思いつくままに、友達同士を紹介していきました。

すると・・・ これが結構面白い!別の友達同士が友達になると、そこには共通の知人がいて、今度はその人を私に紹介してくれたり、落語やコンサート、料理学校など紹介した友達同士がはまっている趣味の場に私を誘ってくれたり。友達になった人たち同士で誘い合って、私のセミナーに顔を出してくれたりもします。知っている人同士をつないでもあんまりメリットはないんじゃないかと思っていたんですが、意外と大アリだったんです。成功する人はそうやってどんどん人脈を広げていくんですね。
私はこれを「神田うの理論」と呼んで、今でも楽しく続けています。

損得を考えずに紹介するのがコツ。
自分が紹介されたら感謝の気持ちを伝えて

最初は不安もありますが、10回を過ぎたあたりから、ぐんと面白味がわかってくると思います。コツは、「損得を考えずに」やることです。「私ばっかり紹介しているのに、あの人は誰も紹介してくれない」とか「紹介してあげたのに、私抜きでご飯を食べに行ってる!」など一切考えないこと。
もし、考えてしまうようなら、それは紹介数が足りない証拠です。100本ノックの勢いでバンバン食事会を企画しましょう。いろんな人を紹介し続けると、そのうち誰に誰を紹介したのかわからなくなります。そうすれば、「紹介してあげたのに・・・」なんて悩みは、いっぺんに吹き飛んでしまいますよ。

このように非常に有効な「神田うの理論」ですが、1点だけ、気をつけなくてはならないことがあります。それは、自分が誰かを紹介してもらった場合も、気にしなくなってしまうこと。自分が紹介者の場合は、「紹介した人同士が何をしようと、一切気にしない」がベリーグッドだと思いますが、紹介してもらった場合は別。紹介してもらった人と次に会う場合、必ず紹介者に一報を入れておきましょう。その際、「○○さん(紹介者)のおかげで、いいママ友ができて、本当に感謝しています」など、きちんと「感謝の気持ち」を伝えておくことが大切です。ほんの1本、紹介者にメールを入れるか否かで、相手の印象がぐっと変わってきますから、ぜひ、やっておくことをおすすめします!

プロフィール

高嶋ちほ子
キャリアカウンセラー・ビジネス書作家

上智大学文学部哲学科卒業。放送作家として活躍後、角川書店『東京ウォーカー』編集部、リクルート『B-ing』『リクナビNEXT』編集部などに在籍し、3000人以上の会社員をはじめ、料理人、クリエイター、作家、経営者、スポーツ選手など1000人以上の業界のトップに取材。編集・執筆に携わった著名人インタビュー『プロ論。』は累計40万部のベストセラーに。著書に『1日5分で「できる人」になれる!出世ドリル』『○○業界の法則事典』(PHP研究所刊)など。米国cce認定gcdfキャリアカウンセラー。

アーカイブ

忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。