姑が口を出したいことランキング1位は、嫁の「○○○」

2014/4/21主婦のキャリアアップ応援! キャリアカウンセラー高嶋ちほ子の「悩みスッキリ!ポジティブ処世術」

第14回 姑が口を出したいことランキング1位は、嫁の「○○○」

子育てに口出ししてくる姑には、どう対処したらいいでしょう?

  • 旦那から「口出ししないでほしい」と、きっぱり言ってもらう
  • 「実は相談したかったんですー」と切り出す
  • 「これ以上構わないでほしい」と、手紙を書く

さて、今回のお悩み相談です。

お悩み

はじめて子どもを持ったのですが、姑が子どもの育て方に口出ししてきて辟易しています。私は育児書をたくさん読んで勉強しているし、古い子育て法を押し付けられても混乱するだけ。旦那からさりげなく言ってもらっても効きません。どうしたらやめてもらえるでしょうか(E美・30歳・経営コンサルタント会社勤務・既婚・子ども1歳8か月)

「間接暗示」も逆効果。
姑は説得されればされるほど意固地になる!

140407nayami-rotate© す~ロン

姑が口を出したいことランキング、第1位は、「子育て」です。人間も動物と考えれば、子孫を残すことに一番興味を持つのは仕方がないことかもしれません。私の周りにも、姑が子育てに口を出してきて辟易している女性、たくさんいます。
こういうとき、「旦那さんからお姑さんにさりげなく言ってもらいましょう」なんてアドバイスしている本、多いですよね。でも私の経験から考えても、それで嫁姑関係が改善したことなんて、ほとんどないような気がします。

心理学に、「間接暗示」と言うものがあります。「直接言うより、第三者を通じて言う方が効果的」というものです。例えば、私(高嶋)が、関係がよくないAさんとの関係をよくしたい場合、「高嶋さんが、Aさんのことをすごくほめてたよ」と別の人から言ってもらうと、Aさんは「高嶋って意外といいヤツじゃん!」と思うようになる。確かにこれはすごくよく効きます。しかし、相手を注意したい場合に使うとどうでしょう。

例えば、旦那さんがお姑さんに、「E美が困っているから、余計な口出ししないでくれよ」なんてお姑さんに言ったとします。すると、第三者である息子から言われたお姑さんは、間接暗示が悪い方に効いて、必要以上にE美さんに嫌な感情を抱いてしまうのです。
よっぽど上手に言える旦那さんならいいですけど、世の男性の大半は、自分の母親に対して、気なんか使わないですよね。「迷惑だからやめてほしいんだよね~」なんてめんどくさそうに言っちゃうと思います。

意見を押し付けてくる頑固な相手には「相談」が効く

では、どうしたらいいか。ずばり、こちらから「相談」してしまうんです。「相談」は相手を立てることになりますから、お姑さんも気分がいい。態度も柔軟になり、「意外と話を聞いてみよう」と思えるものなんです。

例えばこんな感じです。赤ちゃんが泣き出したとき。昔は「抱き癖がつくから抱っこしない」というのが常識でした。でも、今の医学書には、「子供の情操教育にはスキンシップが大事。たくさん抱っこしてあげましょう」なんて書いてありますよね。
子どもが泣き出して、E美さんすかさず抱っこしようとした場合。

お姑 「ああ、抱き癖がつくから、放っておきなさい・・・」 
E美 「実は、お義母さんにお聞きしたいなと思っていたんです。
    私も放っておいた方がいいと思ってそうしていたんですが、
    抱きしめてあげた方が感情豊かな子に育つという研究結果があるらしいんです。
    お義母さんは、どう思います?」 

質問の前に「お義母さん」をつけて、頼っている感じを強調しましょう。一端は姑の考えを受け入れたことを表明しているわけですから、お姑さんもE美さんの意見を一方的に却下はしないと思います。お姑さんがひるんだところですかさず、

E美 「今は人とのつながりがない時代ですから、
    何よりスキンシップが大事なのかもですね~」  
お姑 「そうかもしれないわねえ・・・」

こんな風に、自分の考えを「時代の流れ」をふまえて伝えれば、お義母さんも、自分の意見を曲げやすくなると思います。

ポイントは、「お義母さんに相談したい」気持ちを、はっきり示すことです。頼られて悪い気がする人はいませんから、お義母さんもE美さんを思いやるようになると思います。一度やってみてください。きっと、うまくいきますよ。

プロフィール

高嶋ちほ子
キャリアカウンセラー・ビジネス書作家

上智大学文学部哲学科卒業。放送作家として活躍後、角川書店『東京ウォーカー』編集部、リクルート『B-ing』『リクナビNEXT』編集部などに在籍し、3000人以上の会社員をはじめ、料理人、クリエイター、作家、経営者、スポーツ選手など1000人以上の業界のトップに取材。編集・執筆に携わった著名人インタビュー『プロ論。』は累計40万部のベストセラーに。著書に『1日5分で「できる人」になれる!出世ドリル』『○○業界の法則事典』(PHP研究所刊)など。米国cce認定gcdfキャリアカウンセラー。

アーカイブ

忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。