見たくない年賀状をうまく回避する方法

2014/12/8主婦のキャリアアップ応援! キャリアカウンセラー高嶋ちほ子の「悩みスッキリ!ポジティブ処世術」

第47回 見たくない年賀状をうまく回避する方法

フランスの彫刻家ロミュビルュスの名言です。(  )に入るのは何でしょう。
 
「男と女とが結婚したときには、彼らの小説は終わりを告げ、彼らの(  )が始まる」

  • 生活
  • 日常
  • 歴史

さて、今回のお悩み相談です。

お悩み

不妊治療中です。毎年、子どもの写真入りの年賀状を見るのがつらいのですが、どうしたらいいでしょうか。こんなことを考えるなんて心が狭いんじゃないかと思いますが、正月がくるのが怖いです(M美・パート・38歳・既婚・子どもなし)

今はちょっと辛い時期なんだと、自分を長い目で見てあげる

イラスト/かたおかともこ

私も、知人のウエディングドレス姿を正視できなかった過去が・・・。実は数年前のクリスマス、大失恋して、お正月の間ずっと寝込んでたんです。休み明けによろよろと出社したら、デスクの上にウエディングドレス姿の仕事仲間の写真が置いてあって。よくある結婚報告付き年賀状なんですけど、正直ショックでした。「おめでとう」と返事を書こうにも、辛くて書けない。さすがに人の幸せを祝えなくなったらお終いだと思って、その足で川崎大師に厄払いにいきましたけど。

そしたら、帰り道に50円拾ったんですよ。天は自らを助くる者を助く、ではないですが、前向きに行動するといいことがあるんだなと思いました。

M美さんは心が狭くなんてないですよ。長い人生、そういうときもあります。自分を責めず、今はちょっと辛い時期なんだと自分を長い目で見てあげましょうよ。そして今年こそは嫌な思いをしなくてすむように、見たくない年賀状をうまく回避しちゃいましょう!

旦那さんに協力してもらって、自分の幸せをかみしめる

さて、見たくない年賀状を回避する方法ですが、「今年からハガキではなくメールにする」「年賀状辞退のハガキを送る」「全部見ない」などいろいろありますが、いちばんいいのは「夫に先に見てもらう」ではないでしょうか。旦那さんに先に見てもらって、つらい気持ちになりそうな嫌な年賀状を除いてもらうんです。年賀状を辞退したりメールに替えると、せっかく築いた年賀状を送り合うといういい関係を壊してしまうことになります。それはあまりにもったいない。まずはその方法を試してみてはいかがでしょう。

「あなたしか頼れる人がいない」と旦那さんにかわいくお願いすれば、きっとやってくれますよ。

もし言いづらいようでしたらこの言葉を思い出してください。フランスの彫刻家ロミュビルュスの言葉です。

「男と女とが結婚したときには、彼らの小説は終わりを告げ、彼らの歴史が始まる」。

私、この言葉、すごく好きなんです。私は一度離婚しているのですが、結婚がうまくいかなかったのは、“歴史を積み重ねる”という意識がなかったからなんじゃないかと。

結婚していればいろんなことがあって、それこそ、“戦争”も“大恐慌”もあるわけです。でも、どんなに大変でも一緒に乗り越えられる人がいるだけで幸せなんですよね。そして2人で積み重ねた歴史は、何事にもかえ難い“宝”となる。それがもっと早くわかっていたら、私も幸せだったろうなと思います。

旦那さんが協力してくれたら、「やさしい旦那さんで本当に幸せ♪」と言ってあげるといいですよ。旦那さんも喜ぶし、なによりM美さんがすごく幸せな気分になれます。今年こそ、いいお正月が迎えられますよ。大丈夫、大丈夫。

プロフィール

高嶋ちほ子
キャリアカウンセラー・ビジネス書作家

上智大学文学部哲学科卒業。放送作家として活躍後、角川書店『東京ウォーカー』編集部、リクルート『B-ing』『リクナビNEXT』編集部などに在籍し、3000人以上の会社員をはじめ、料理人、クリエイター、作家、経営者、スポーツ選手など1000人以上の業界のトップに取材。編集・執筆に携わった著名人インタビュー『プロ論。』は累計40万部のベストセラーに。著書に『1日5分で「できる人」になれる!出世ドリル』『○○業界の法則事典』(PHP研究所刊)など。米国cce認定gcdfキャリアカウンセラー。

トピックス・インフォメーション

来年1月に「最高齢プロフェッショナル」の講演をします

来年1月に藤沢市の片瀬公民館で「最高齢プロフェッショナルに学ぶ いきいきとした生き方・働き方」という講演をさせていただくことになりました。
お話を聞いてくださる方は60代~90代の方ということですので、これまで88歳のパイロット、89歳のピアニスト、103歳の声楽家、90歳のバーテンダーなど、さまざまなジャンルの「最高齢」プロフェッショナルに取材をした経験から、「生涯現役で働くために必要なこと」「これまでの経験を生かして社会に貢献する方法」「生涯現役で働くための食生活」「若い人からモテる秘訣」などをお話ししようと思っています。
今回の講演は一般の方は入場できないとのことですが、同じような内容で講演を受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいね。

■高嶋の連絡先はこちらです
takashima108@gmail.com
■講演の事務所からお問い合わせくださっても大丈夫です
http://www.renaissance-eyes.com/request/2014/09/post_6024.html

アーカイブ

忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。