姑の「金の無心」を兄弟に疎まれずに断る方法

2015/1/12主婦のキャリアアップ応援! キャリアカウンセラー高嶋ちほ子の「悩みスッキリ!ポジティブ処世術」

第51回 姑の「金の無心」を兄弟に疎まれずに断る方法

ブータンのことわざです。(   )に入るのは、何でしょう?

「助けにならないなら(   )ではない。
害にならないなら敵ではない」

  • 友達
  • 身内
  • 同僚

さて、今回のお悩み相談です。

お悩み

姑から外壁の塗り替えをしたいので、50万円ほど都合して欲しいと電話がありました。正月に弟夫婦が実家にきて、3人兄弟でそれぞれ50万円ずつ負担しようという話になったそうです。うちは長男ですが、夫は自営業でここ数年、収入が減り、私がパートで働いてなんとかやっている状態です。住宅ローンに加え、子供の受験もあり、50万円を払う余裕はとてもありません。とはいえ、長男なのにお金を出さないなんて義理の妹たちから嫌味を言われそう。どうやって断ったらいいでしょうか
(T美・パート・42歳・既婚・子ども2人)

意見を肯定した上で「お金がない」とはっきり理由を言う

住宅と教育と老後。はい、これ何でしょう? 人生の3大支出と言われているものです。40代は住宅ローンと教育費用が重くのしかかってくる上に、そろそろ老後のことも考えなくちゃならない時期。そのうえ、親も年老いて、介護なんて話も出てくるわけですから、金銭的にも精神的にも大変ですよね。

特に自営業は収入に波があるもの。苦しい時期があるのは仕方がないことだと思います。そんなときに、実家の修繕費を出すなんてとても無理でしょう。断りたいT美さんの気持ち、よくわかります。しかし、頭ごなしに断っては角が立つもの。ここはひとつ穏便に回避していきましょう。

心理学に「イエス・バット話法」というものがあります。何か頼まれたときに、いきなり「そんなのできません」というと、相手は自分の考えを否定されたと思い、非常に不快な思いをします。ですから、「それはいいですね」と一度肯定してから「でも、無理なんです」と断ると、相手に嫌な思いをさせないですむんですね。

そのときに大事なのが、だめな理由をはっきり言うこと。T美さんの場合なら、「お金がない」と正直に言えば、相手も納得してくれるはず。

私も結婚していた時、夫が3人兄弟の長男だったのでわかりますが、お金がないって他の兄弟に言い出しづらいですよね。弟妹にはなおさらです。でも、誰にも迷惑をかけずに生活できている以上、お金がないことって特に恥ずかしいことではないと思うんですよ。堂々と今の経済状況を話したらいいのではないでしょうか。

苦しい状況を正直に伝えれば、他の兄弟もそうそう無理を言わないでしょうし、正直な人に嫌味を言う人はいませんよ。

それでもどうしても今すぐ外壁の塗り替えをしなくてはならない、ということでしたら、5万でも10万でも出せるだけ出す。そのかわり、月1万円ずつ貯金していって、次の実家からのSOSに備えておきましょう。外壁の塗り替えだけでなく、水回りや屋根の修理、親の入院、介護など、お金を出さなくてはならない機会が今後いくらでも出てきますから、そのとき、T美さん夫妻が出してあげればいいんです。

親戚同士、助け合うのが幸せへの第一歩

クイズの答え、分かりますか? 「助けにならないなら身内ではない。害にならないなら敵ではない」ブータンのことわざです。

私は、2012年にブータンを訪れたのですが、ブータンでは困ったことがあると、親戚同士で助け合うんです。親を亡くした子どもは叔父や叔母が引き取って面倒をみるし、失業中は働いている兄弟や親戚が家賃や食費を出します。兄夫婦が妹や弟と一緒に住んで通学にかかる費用を負担している、なんて話もよく聞きました。そうやって親戚同士助け合って仲良く暮らしているんですね。

そういう姿を見ていると、親戚同士で張り合っていた自分がバカバカしく思えてきます。親戚同士はお互いに幸せになるように助け合うことが何より大事。このことに早く気付けば、結婚生活ももっとうまくいっていたかもな、といまさらながら思います。

T美さんも、「今は生活が苦しくてお金は出せないけど、次に備えて貯金しておくから、次回は出させてね」と思いやりを持って兄弟に伝えれば、きっとわかってもらえますよ。大丈夫、大丈夫。

プロフィール

高嶋ちほ子
キャリアカウンセラー・ビジネス書作家

上智大学文学部哲学科卒業。放送作家として活躍後、角川書店『東京ウォーカー』編集部、リクルート『B-ing』『リクナビNEXT』編集部などに在籍し、3000人以上の会社員をはじめ、料理人、クリエイター、作家、経営者、スポーツ選手など1000人以上の業界のトップに取材。編集・執筆に携わった著名人インタビュー『プロ論。』は累計40万部のベストセラーに。著書に『1日5分で「できる人」になれる!出世ドリル』『○○業界の法則事典』(PHP研究所刊)など。米国cce認定gcdfキャリアカウンセラー。

トピックス・インフォメーション

2015年は、1月に藤沢市の片瀬公民館で「最高齢プロフェッショナルに学ぶ いきいきとした生き方・働き方」という講演をし、2月にはPearlyTerrace the SEVEN主催の「the SEVEN塾」で「プロに学ぶ 生きることが楽しくなる働き方」の講演をいたします。その他のテーマでもセミナー・講演会などを受け付けておりますので、どうぞお気軽にご相談くださいね。少人数のグループセミナーでもOKです。

<セミナー例>
「著名人に学ぶ めんどうな人間関係を一掃する方法」
「職場の嫌な人をたちまちいい人に変える方法」
「迷惑なママ友とのうまい付き合い方」
「嫁姑の悩みをさくっと解決する方法」
「主婦の再就職 自分に合った仕事を見つける方法」
「主婦の再就職 ブランクを感じさせない うかる!面接術」

連絡先 takashima108@gmail.com

アーカイブ

忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。