引きこもりから抜け出す4つのステップ

2015/4/27主婦のキャリアアップ応援! キャリアカウンセラー高嶋ちほ子の「悩みスッキリ!ポジティブ処世術」

第66回 引きこもりから抜け出す4つのステップ

御年91歳、世界最高齢パイロットとしてギネスに認定された高橋淳さんが、70年以上、仕事を続ける理由としてあげた言葉です。
(    )に入るのは何でしょう?
 
「せっかく生まれてきたんだから、
 僕はいつでも(    )したい」

  • 出世
  • 仕事
  • 進歩

さて、今回のお悩み相談です。

お悩み

派遣社員で働いていたのですが、3月で契約を打ち切られてしまいました。その後は決まっていません。夫の収入もあるので、じっくり仕事を探していこうと思っていたのですが、最近、気分がふさぎがちで、人と会うのも嫌になってきました。引きこもりになりそうです(M子・40歳・事務・既婚・子どもなし)

仕事はお金を得るためだけでは苦しい

失業すると辛いですよね。どんな人にも周りから認められたいという承認欲求があるので、それを満たされない状態が長く続くと、気分がどんどん沈んでいくんです。

先日、脳科学者の中野信子さんとお話ししたのですが、仕事にはお金を得るためだけではなく、「社会的報酬」を得るという役割があるのだそうです。社会的報酬とは、他人からの評価。いくらお金があっても、他人からの評価がないと人は苦しさを感じるわけです。それは、「何かの役に立っている」という実感がないと、自分は世の中でいらない人間なんじゃないかと思ってしまうから。M子さんの落ち込みも、きっとそこからきているのではないかと思います。

では、どうするか。自分で社会的報酬を得られる状況を作っていけばいいんです。今回はその方法をお教えします。

引きこもりから抜け出す特効薬は、「貢献」と「進化」

社会的報酬を得るためのキーワード、それは「貢献」と「進化」です。貢献は人の役に立つことをすること。進化は、自分を成長させることです。腕が上がれば、周りの評価が上がります。社会的報酬を得ることができるんです。

クイズの答え、わかりますか? 91歳、現役パイロットの高橋淳さんが仕事を続ける理由は、「進化したいから」です。自分の成長を感じられることは、生きるための大きな糧になるということなんですね。「貢献」と「進化」。この2つが得られる環境をつくって、引きこもりから脱出しましょう。そのためには、次のことを試してみてくださいね。

<引きこもりから抜け出す4つのステップ>

1、行ったことのない美容院に行く
私にも経験があるのですが、引きこもっていると美容院に行くのが面倒になりますよね。おしゃれな空間に足を踏み入れるのがおっくうになるというか。特に顔見知りの店員さんから、「久しぶりですね。最近どうしてるんですか」と言われるのは結構しんどい。ここはひとつ、行ったことのない美容院で髪を切ってみましょう。どんなに暗い顔をしていても、ぼさぼさの髪でも、流行おくれの格好をしていても誰も気にも留めません。少々カットが下手でも(?)、髪を切ると気分が明るくなりますよ。

2、山登りサークルに参加する
引きこもりの時は、何か外に出る趣味を持つといいのですが、そのなかでも山登りはおススメです。どんなに低い山でも頂上まで登ると達成感を味わえますから、自分をほめてあげたくなる。森林浴にもなりますので、ストレス解消にもつながります。アウトドア店が主催している初心者向けコースなら、一人でも参加できるので安心です。

3、勉強をしに行く
失業して時間ができたことを前向きにとらえて、何か勉強しに行きましょう。内容はパッチワークなどの趣味ではなく、簿記とか、宅建とか、栄養士とか、パワーポイント講座とか、仕事に関係することにしましょう。ハローワークに行くといろんな職業訓練の講座がありますからそれを利用してもいいし、民間の学校に行ってみるのも手。受講している人や先生と話すと、いい刺激になりますので、在宅学習ではなく通いにしましょう。最終的に資格が得られるものだと達成感が得られるので、さらに◎。ただし、やる気のないときに、難易度の高い資格を目標に置くと続かないことも多いので、ハードルはなるべく低めをおススメします。

4、勉強したことが使えそうな仕事をやってみる
資格を取ったらうれしいですよね。でもそのうれしさを倍増させる方法があります。それは、その資格を生かせる仕事について取得にかかった費用分稼ぐこと。これができるとむちゃくちゃ達成感を味わえます。これが真の資格取得の面白さなんですよ。

いかがでしょうか。「資格を取って、その資格が役に立つ仕事に就く」のがゴールです。資格取得にかかった分だけ稼げるのであれば、アルバイトでもOKです。かかった分稼げたということは、資格を取得したことが他人の役に立ったということですから、「貢献」と「進歩」が同時に実感できます。いつの間にか、引きこもるのなんてもったいないと思うようになっていますよ。大丈夫、大丈夫。

プロフィール

高嶋ちほ子
キャリアカウンセラー・ビジネス書作家

上智大学文学部哲学科卒業。放送作家として活躍後、角川書店『東京ウォーカー』編集部、リクルート『B-ing』『リクナビNEXT』編集部などに在籍し、3000人以上の会社員をはじめ、料理人、クリエイター、作家、経営者、スポーツ選手など1000人以上の業界のトップに取材。編集・執筆に携わった著名人インタビュー『プロ論。』は累計40万部のベストセラーに。著書に『1日5分で「できる人」になれる!出世ドリル』『○○業界の法則事典』(PHP研究所刊)など。米国cce認定gcdfキャリアカウンセラー。

トピックス・インフォメーション

<インフォメーション>
今回で連載が終了になります

連載が開始してから1年とちょっと、毎週「ポジティブ処世術」を読んでくださいまして、本当にありがとうございました。今回でこの連載は終了となります。今後の予定としては、10月にPHP研究所から新刊が発売になったり、女性向けセミナーなどが予定されていますが、その他、新連載のお知らせなど、随時フェイスブックやツイッターで発信していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
個人の方のキャリアカウンセリングも受け付けております。

<カウンセリング・講演・セミナーの問い合わせ先>takashima108@gmail.com
<フェイスブック >https://www.facebook.com/chihoko.takashima
<ツイッター>https://twitter.com/takashima108

1年間ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう!

アーカイブ

忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。