いまの仕事に満足してる? 「この仕事に会えて、よかった。」そう思える仕事に出会うには

2014/8/29働く女性へ最新ニュースを毎週お届け!

働く女性なら、誰でも一度は転職を考えてみたことがあるのでは? 特に女性は、結婚や出産など、ライフスタイルの変化に連れて、仕事や働き方について悩む人も多いはず。

けれども、実際に転職するとなると、女性であることや年齢など、希望どおりの転職ができるか不安に感じることもありますよね。

そこで、転職を考えたときに頼るのが転職サイト。いろいろと調べてみた経験は誰にでもありそう。その中でも、転職決定数ナンバーワンの実績を持つ「リクナビNEXT」では、あらゆる転職をサポートしてくれるから、おおいに頼りにしたいもの。

その「リクナビNEXT」では、新しいCM「沖縄で働く」編を放送中。CMでは、実際に「リクナビNEXT」で、東京から沖縄の大学院へ転職した女性が登場。

「人生半ばぐらいでの転職は、かなり思い切りました」とCMで語っていたのは、クレメント浩代さん。生活環境も大きく変わる東京から沖縄への転職を決心した彼女の心境を訊いてみました。

実は、そんなに強く転職したいと思っていたわけではなかったという彼女。「リクナビNEXT」へも、もう思い出せないぐらい以前に登録したままだったと言います。けれども、現在の仕事の募集を見つけたことが大きなきっかけとなります。

「それまでは法律事務所で知的財産の仕事を長くしていたのですが、それを活かしてもうちょっと新しいことにもチャレンジしたかったので、今の仕事がぴったり合ったんです」と、仕事の内容に強く惹かれたそう。

実際、転職後、一番やりがいを感じているのは、サポートしている研究者と近い距離で仕事ができること。世界のために、将来どうなるかわからない研究を続けている研究者と一緒に、まだ原石や種のような研究段階に関われることが面白いのだとか。

東京から沖縄へとなると、生活環境も大きく変わるわけですが、その点についても、「あまりにも違う環境にチャレンジできることに惹かれたんです」と、ほかの地方都市では逆に考えなかったかもと言います。

たくさんのものが溢れ、便利な東京から、のどかな沖縄の村に住むようになり、生活環境は大きく変わったと言います。「できないこともありますが、東京だとできない贅沢もここにはありますよね」と、一長一短の生活に馴染もうとしているクレメントさん。

実はクレメントさんは、東京に外国人のだんなさまを残し、単身赴任中。とても理解のあるだんなさまで、転職時も背中を押してくださったほどだそう。現代ではまだ女性の単身赴任は少ないと思われるので、女性が仕事をずっと続けていくうえで、身近な家族の理解というのはとても大切だと言えそうです。

新しい仕事にいきいきと取り組んでいるクレメントさんですが、応募のときは採用されるとは思っていなかったとか。「年齢的に難しそうだったんですが、まず応募してみよう」と思ったそう。

そういったことも踏まえ、「とりあえず応募してみるのは悪くないんじゃないかと思いますね」、「それまでは東京や外国で働くことしか考えてなかったけれど、今のような仕事が地方にもあることに気づけたのがよかったと、改めて感じています」と、クレメントさんは言います。

いま、すぐにでも転職したいと思っていなくても、転職活動を始めてみて、初めて新しい何かが見えてくることもあるのかもしれません。

働いている限り、仕事についての悩みはつきないもの。このCMを見ると、まだまだこれから、新しい道も開けるという勇気を与えてもらえそうです。

・リクナビNEXT
CM特設サイト


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。