将来の可能性を広げたい! いま注目のアロマコーディネーターで活躍するには

2014/10/3働く女性へ最新ニュースを毎週お届け!

香りは人の気分を大きく左右しますよね。エッセンシャルオイルを使って、リラックスしたり、ストレスを解消したり、ときには病気の予防や治療にも役立てるアロマセラピーもとても人気です。さらに最近では、医療にも用いられ、医大などでアロマの授業を行っているところもあるとか。

そこで、日本アロマコーディネータースクールのレッスンアドバイザーの東海林さんに、アロマセラピーをもっと楽しみ、さらには将来に役立てるために、アロマコーディネーターについてお話をおうかがいしました。

アロマコーディネーターは、アロマセラピーに関する基礎知識を備え、アロマを安全に生活に取り入れることができる方であることを示す、日本アロマコーディネーター協会のみが認定しているアロマセラピーのライセンス資格。東海林さんによると現在人気が上昇中なのだとか。

またアロマコーディネーターになると、さまざまな場面で活躍できるそう。例えば、エステティックサロンでボディやフェイシャルの施術者としてや、老人ホームや病院で介護の一環、鍼灸院やカイロプラクティックの補助メニュー、自分の生活や自身の心身のケアにも役立てられるうえ、自宅の一室でショップやサロンを開くなど、幅広いたくさんの例があることがわかりました。

実際に、学歴や経歴・年齢などに関係なく、さまざまな経歴を持つ方が活躍していて、年齢を重ねるごとにその人生経験を活かし、活躍現場の幅が増えると聞くと、将来にわたって役立つ資格だということもわかりますね。

アロマコーディネーターになるには、日本アロマコーディネータースクールで学習するのがいいとのこと。日本アロマコーディネータースクールは、日本アロマコーディネーター協会(JAA)直轄のスクールで、20年の歴史を誇るというから安心して学べそうです。

日本アロマコーディネータースクールでは、体感学習を取り入れているそう。机上の学習や実習授業だけではなく、普段の生活をレッスンの場とし、体感学習をしていくことによって身に付くことも多いのだと東海林さんが説明してくれました。

さらに、日本アロマコーディネータースクールでは、受講生それぞれのライフスタイルに併せた資格の活かし方を入学時や資格取得後に面談などでサポートしてくれるとのことだから、実際に資格を生かしていく場を手に入れるのに役立ちそうです。

アロマコーディネーターが社会的に認知されるようになり、活躍の場が増えていることをうけ、日本アロマコーディネータースクールの10月生として、アロマセラピー業界で活躍したい方200名を対象に、活躍したい将来に合わせた「人材トレーニング」が開講されるという情報も聞くことができました。

将来、自分で教室を開講したり、メンタルケアの現場で活かしたり、アロマコーディネーターの資格を生かして活躍したいと思っている人にはぴったりですね。

この「人材トレーニング特別講座10月生募集」は、将来の可能性を広げる大きなチャンス。ぜひ新たな夢を広げ、実現させるために、受講を考えてみては? 資料請求はこちらから。いま一歩を踏み出すことで、これまでとは違う未来が開けるかも。

・日本アロマコーディネータースクール
公式サイト


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。