デキる女子に必須の強力アイテム2つをお得に入手する方法

2014/11/18働く女性へ最新ニュースを毎週お届け!

プライベートも恋愛も楽しみたいけれど、仕事もきっちりこなすのがイマドキ女子。とはいえ、経済新聞を片手に通勤するのも、なんだか違うよなぁ…という感じ。世の中のデキる女子たちは、見えないところでどんな努力をしているのだろう…? そんな疑問を解消してくれる調査結果が発表されたので、こっそりチェックしてみましょう。

株式会社ネオマーケティングが有職者男女500人を対象に行った、「仕事を便利にしてくれそうな電子機器」をテーマにしたインターネットリサーチの結果を見てみると、最も多くの回答を集めたのは、iPad、続いてポケットWiFiとなりました。

仕事を便利に、快適にするデジタルガジェットは、もはやノートパソコンからiPadに移行しているよう。そういえば、某カフェのカウンター席では、リンゴのマークが横一列にずらっと並んでいるのをよく見かけます。ノマドワーカーだけではなく、普通のビジネスパーソンたちもiPadを愛用している様子が見て取れます。場所にこだわらず使用できるのはiPadの強味ですよね。

さらにタッチパネル操作にも慣れてきた今、直観的に操作できるiPadがビジネスシーンでも重宝されてきているようです。

また、3位以下のボイスレコーダー、電子辞書、デジタルカメラにビデオカメラといったデジタルガジェット類は、iPadひとつでほとんどをまかなえてしまうという、iPadの万能性も見逃せません。ただでさえ荷物が多い女子の場合、バッグの中がごちゃごちゃしないで済むのは嬉しいポイントです。

次に気になるのは、デキる女子たちはどうやってiPadを使って情報収集をしているのかということ。特にビジネス情報に弱いのが多くの女子たちの悩み。上司と話を合わせるなら経済新聞を読めばなんとかなるかもしれないけれど、しっかり議論するほどの理解ができているかといえば、正直自信がない。デキる女子の先輩によると、そんなとき頼れるのはズバリ「日経ビジネスDigital」なのだとか。

ニュースや新聞で見かけたことが、より詳しく載っているので、これだけに目を通しておけば、最低限どの分野の話題にもなんとか対応できるそう。例えば夜の経済ニュースで聞いた経済用語が深く解説されていたので、取引先との話の輪から外れずに済んだそう。

そして「日経ビジネスDigital」なら、iPadでスマートにおしゃれに読めるというのも女子として嬉しいポイント。バッグを重くすることもなく、雑誌を読んでいる感覚でスムーズにNo.1経済誌をiPadで読むことができます。

その先輩に教えてもらったところによると、「日経ビジネス」の創刊45周年を記念して、iPad Air 2、iPad mini 3と日経ビジネスDigital購読を一緒に手に入れるキャンペーンがあるとのこと!(各限定2,000名、12月25日まで) iPad Air 2と日経ビジネスDigital(2年購読)で合計115,704円のところが税込63,000円に、またiPad mini 3と日経ビジネスDigital(2年購読)で合計103,824円のところが税込52,000円で入手できてしまいます。

この差額はどれだけお得かというと、日経ビジネスDigital1冊当たり50円程度という計算になるのです。これはiPadの購入を考えていて、さらに日経ビジネスDigitalの購読を試してみたい人には逃せないかと!

デキる女子に一歩近づくため、この冬は新しい挑戦に取り組んでみてもいいですね!

・日経ビジネスDigital
公式サイト

iPad Air 2、iPad mini 3と日経ビジネスDigital購読のお申し込みは、こちらから


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。