30代女子必見! 40代の先輩たちが30代にして後悔したこと

2014/5/9働く女性へ最新ニュースを毎週お届け!

シティリビングWeb読者にアンケート! 『30代で後悔したこと』


30代ともなると、キャリアに、家庭に、プライベートにと色々な責任や制約が出てくる年代。納得したうえで選択した生き方だけど、やっぱり「あの時ああしていれば」という事は思うものです。そこでアンケート企画の続編として「30代でして、しなくて後悔したこと」をシティリビングWeb読者にお聞きしました。30代を過ごした女性のホンネが集まりましたよ。好評シリーズの第2弾です。

→読者にアンケート! 『20代でして後悔したこと』記事はコチラ

●上位の項目が20代と一変! 30代で後悔したことNo.1は?

「20代で後悔したことは?」という質問に対して上位だったのは「結婚の失敗」、「エステや勉強でお金をムダにした」、「ひどい男、いわゆる“だめんず”に引っかかった」といったところでした。しかし30代だと様相が一気に変化。

「30代で後悔したことは?」という質問には…
出産・子育て  24%
夫選びの失敗  20%
日焼け対策  19%
転職  18%
何もしなくて後悔  10%
その他  14%

なんと「出産・子育て」に関する後悔がトップになりました。
出産した人は

・「もっと育児を楽しめば良かった」
・「子供に厳しくしすぎた」

といった回答が。教育熱心なあまりもっと愛情を伝えることができたのでは、という反省があるようです。
いっぽう、

・「出産を機に職場を辞めたことに後悔。良い職場だったのでもったいなかった」
・「30代前半のうちに産むべきだった。仕事を理由にしていたが、やはり高齢出産はできたら避けるべき」

というように仕事と出産の両立に悩む女性像も垣間見えます。

2位の「夫選びの失敗」は、20代で1位だった「結婚の失敗」とは雰囲気が違います。
20代でのアンケートでは、離婚して新たな相手を見つける人も多かったですが、30代では
失敗とはいいながらもなんとか折り合いを付けている女性が多数派に。

・「この年で結婚するなら今の旦那じゃなくて他の人と結婚すれば良かった。今の旦那ならもっと早くにすればよかったのに」

とタイミングの問題を挙げる人もいれば、

・「30代で年上の夫がリストラされ、家賃を払えず経済的に大変に。別の人と結婚していれば…」

というような、さすがに予想できない事態に遭遇された方も。やはり30代を超えるといろいろとあるようです。

他に、結婚以外は下記のようなお話も…

・「5歳下の男性に告白されたが怖じ気づいて年齢だけで断ってしまった」
・「自称バツ1という男と付き合ったら実は既婚者。3年後それがバレて男は一時消息不明に。その後裁判で勝訴したが無駄なエネルギーを使わされた」
というように男性がらみで後悔をしている方もおり、非常に難しい年代だと言うことを痛感させられます。

●30代にして後悔したことで急浮上したのはあの行為!

20代では回答が少なかったのに、30代で急上昇したのが「日焼け対策」。

・「テニスに夢中になりすぎて、日焼け対策をしていなかったので、今、シミやシワをみつけては後悔」
・「もっと肌のケアをしておけば良かった」

と、若い頃、海に山にスポーツにと駆け回った日々にもっと紫外線対策とスキンケアをしておけば良かったいう意見がゾロゾロ。確かに10~20年前は今ほど紫外線の怖さがクローズアップされていなかったので仕方ないと言えば仕方ないのですが…。今からでもできることはやっておきましょう。

●『ずしっと心に響きます。今の30代にアドバイスしたい過去からの教訓』

確かに後悔はあるけれど、それも人生の大きな経験。『今の30代にアドバイスするとしたら』という質問には、30代を一生懸命過ごしてきた女性達の愛情溢れる言葉が並びます。

・時間を全部自分に使えるうちに投資すべき!
・夫の見極めは大事!
・30代前半なら結婚、出産
・チャンスは今、と思ったらその時を逃さないこと!
・一生独身でいたいなら、マンションが買えるくらいの貯金をしておくこと
・自分探しの旅をするよりも、自分との対話を大切に。答えは自分のなかにある。
・最後の修正ができる場所だと思う

最後にアンケートをまとめていて一番読者に送りたいアドバイスはコチラ。

・まだまだ今からでも間に合うから!

そうです。頑張れば今日からでもまた自分を磨くことはできるんですから。諦めないで頑張りましょう!

<文/関谷知生>
※この記事は2014年4月に行った、読者からのアンケートをもとに構成しました。


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。