初めて会う人が苦手! 初対面で印象を残す言葉の伝え方その1【伝え方が9割】

2014/5/1働く女性へ最新ニュースを毎週お届け!

58万部突破のべストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんに、読者の皆様からのお悩みに解答していただくこのシリーズ。第14回目は、取引先&社内の初対面の方への対応に悩む女性からのお悩みに回答していただきます。

■相談(35歳・会社員)
外回りの仕事をしています。初めて会う相手や、会社で初めて一緒に仕事をする方に、相手の外見や内面をほめると、嘘っぽく聞こえてしまいます。しかも返答が、「すごいですね!」「いいですね」など単純なことしか言えず、特徴がなくて相手の記憶に残りません。(はるか/35歳/会社員)

■回答
相談者さんのお悩みを解消するために必要なポイントは3つあります。順番に解説します。

1.好印象とは、どれだけ相手を想像できるかにかかっている
2.「すごいですね!」「いいですね」という言葉でも相手に響く伝え方はあるか
3.初対面で印象を残す言葉の伝え方

■1.好印象とは、どれだけ相手を想像できるかにかかっている
相手を積極的にほめたほうがいいのはなぜか。それは、ほめることで相手の心が開きやすくなるからです。

私がセミナーで登壇する時は、会場の雰囲気を温めるために2人1組になっていただき、「お互いをほめましょう」と伝えているんですね。そうやってほめ合うことで初対面でも2分程度で関係が良好になり、本音で話しやすくなっていることが手に取るようにわかります。それほど、ほめるというのは大切なことなのです。

ただし、ほめる時は「相手のほめてほしいところ」をほめることが大前提。多くの人は、自分が興味を持った部分をほめてしまい、それほど相手に喜んでもらえない、というミスをしがちです。例えば、自分がネイルに凝っているから相手のネイルをほめる、というのが失敗例。そうではなく、相手がほめてほしいところを想像して、そこをほめましょう。

コツは、相手の特徴的な部分を見つけること。他の人と違うところや、その人なりのこだわりは、誰もが持っているものです。人により、それがスーツなのか靴なのか、またはステイショナリーなのか。見た目でわかります。そここそが、相手がほめてほしいところなのです。

■2.「すごいですね!」「いいですね」という言葉でも相手に響く伝え方はあるか
男性に対しては、実は「すごいですね!」だけで十分に好印象を持たれます。「今日も満員電車だった」と言われたら、「すごーい! たくましいですね」、「今日のランチはかけそばだった」と言われたら、「すごーい! ヘルシーなんですね」と言われるだけで、ニコニコになります(笑)。一般的に男性は、「すごい」つまり「人よりも勝っている」ということを言われることが、どのような点であっても嬉しいのです。

一方で、女性はもっと複雑。相手が何を喜んでくれるかを想像して具体的に伝えましょう。女性同士なら、瞬時に見抜くことができるでしょう。そこを「すごいですね!」だけでなく、なるべく具体的に話しましょう。

ネイルの微妙なピンクのグラデーションがかわいい。本物の桜の花びらみたい」というようにディテールを話すことが、「あなたのことに興味がありますよ」「あなたのこだわり、わかってますよ」というサインになり、好印象となります。

次回は、
3.初対面で印象を残す言葉の伝え方
についてお答えいただきます。

・「伝え方」のお悩みにアドバイスしてほしい方募集!
・『伝え方が9割』の佐々木圭一氏に聞く、心に響く伝え方
(内埜さくら)


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。