仕事に行きたくない! “会社辞めたい病”から抜け出せる五月病の克服法

2014/4/28働く女性へ最新ニュースを毎週お届け!

新人もベテランOLも必見! タイプ別“五月病克服法”を伝授します!!


もうすぐ、待ちに待ったゴールデンウィーク! 就職や転属、転勤など新しい環境で頑張ったOLには嬉しいご褒美のような祝日ですね。でも、その反動から連休明けにはいどっと疲れてしまい“五月病”の発症が心配かも…。そこで今回は、やっかいな“五月病”を乗り切る方法をご紹介します。

●「やる気が出ない」「食欲がない」…五月病の状態はさまざま

“五月病”とは、新生活のストレスから心や体に不調が表れる状態のこと。四月からの疲労が限界に達したり、連休中にそれまでの緊張感が途切れることで、五月に問題が起こりやすいと言われています。新入社員や新入生だけでなく、部署に新しい人が来て人間関係が変わるなど、「春から環境が変わった」という人すべての人に可能性があると考えたほうがいいでしょう。普段はストレスに強い人も、思いがけない疲れを感じることがあるので注意が必要です。

●陥りやすい4タイプをチェック! 上手な気分転換と五月病ならではの対策がカギ

五月病の原因は、心身の疲れ。「打ち込める趣味をつくっておく」、「友達とおしゃべりする」など、普段から自分なりのストレス解消法を見つけておくといいですね。また、特に五月病の場合は、次のような状態に陥りがちなので、意識して対策をしましょう。

Aタイプ:生活がメチャクチャ、体お疲れタイプ
新しい生活が忙しく、睡眠不足になったり食事が適当になったりしていませんか? 健康な心は、健康な体づくりから。規則正しい睡眠やバランスの良い食事を心がけてください。連休中も、なるべく生活リズムを崩さないように。夜ふかししてしまっても朝はいつもの時間に起き、睡眠不足は昼寝で補うのがコツです。

Bタイプ:「新入りだから…」遠慮しすぎの小心者タイプ
飲み会の誘いや仕事の依頼など、新入りだと断りにくいものも多いですが、行きたくない宴席やオーバーワークはストレスのもと。「断れない」という気持ちそのものが、プレッシャーになることもあります。慣れない仕事を抱え込みすぎることは、大きなミスにもつながります。スケジュールにも心にも、なるべく余裕を持つようにすれば大丈夫。

Cタイプ:新しい目標が見つからない、燃え尽き症候群タイプ
進学や就職、転職、昇進など、この春に目標を達成できたという人もいるでしょう。しかし、それまで全力投球していた人ほど、その後に気が抜けてしまいがち。そんなときは、何か新しい目標を設定してみましょう。資格取得や貯金でもいいですし、「週に3回以上は自炊する」といったことでも構いません。小さくても、“目標に向かって努力する”ことが大切です。

Dタイプ:思っていたのと違う…やる気空回りタイプ
燃え尽き症候群とは逆に、張り切りすぎてしまうのがこのタイプ。確かに、新しい環境での第一印象は大切ですし、心機一転、頑張るのもいいでしょう。しかし、それまでの自分と大きく違うことをしようとしたり、無理のある目標を設定したりすることは、不要なストレスを招きます。大きな目標に向かうための、小さな目標を設定するといいでしょう。また、「転職さえすればすべてがうまくいく」などと、新しい環境に期待しすぎないことも大事です。

いかがでしたか? 新しい環境を楽しみながら、五月病を乗り切ってくださいね!

<文/島田彩子>


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。