第11回 プチ起業に必要な7つのポイントとは

2013/8/21働きたいママの再就職を応援!プチ起業への道

働きたいママを応援!プチ起業への道

お客様から満足いただける商品・サービスを作るプチ起業のオーナーは、経営ノウハウを学んでいます。
成功しているオーナーの皆さんは、勉強熱心な方が多いのが特徴です。

 第10回 プチ起業に必要な7つのポイントとは

それでは、「プチ起業に必要な7つのポイント」をみていきましょう。

 
1、想いと夢 時間管理と両立術

夢を実現するためには、夢に日付をつけて、逆算して計画を立てましょう。
特にお子さんがいる皆さんは、お子さんの行事や急な病気などありますので、余裕をもって立ててください。

やはり心と時間の余裕をもたないと両立できませんので、ゆったりした気持ちも忘れずに!

 
2、値付け・数字に強くなる

女性は数字が苦手な方が多いです。ただ、経営を長く続けていくには、手元に利益がないとはじまりません。

特に値付けの部分は、安ければいいと考えがちで、ワンコインで、はじめてしまう方も多くいます。プチ起業は個人の方が多いので、オーナー自身にファンがつくことが多いのですが、値段にファンがつくと大変です。

値段にファンがつくとは、例えば安いワンコイン500円でマッサージを実施したとします。その近所に450円のマッサージができましたとなると、値段にファンがついているので、お客様は、450円に行ってしまうという現象がおきます。

これではリピーターが不安定になり、毎回新規のお客様を獲得しなくてはならなく、安定した事業までは遠い道のりになってしまいます。

値付けの方法にははいろいろありますが、付加価値をつけた形でつけてみましょう。

 
3、オンリーワンな自分ブランド

プチ起業は、オーナー自身にファンがつくことがほとんどなため、自分をブランド化しましょう。お客様の前に出る時の外見や内面的な発する言葉やご自身の強み・魅力を発見しておきます。
ご自身にビジネスネームやキャッチコピーをつけるのもいいです。

 
4、住んでいるエリアNO1になる

ご自身のお住まいの周辺や自宅で、プチ起業をはじめる方が多いのですが、このエリアでどのような方が住んでいるのか、求められているのか、調べておきます。

ご自身の行動範囲の感覚的なものではなく、ネットで区や市の住民統計など公開されていますので、数字を見てみましょう。
考えているお客様像が、あまりそのエリアで住まれていないのであれば、エリアを広げる必要があるかも知れません。

しっかり、見極めも必要です。まずは、エリアに根差してリピーターが増え、愛されてから、全国展開でも遅くはありません。

 
5、お客様へのホスピタリティ 以降は、次週公開です! お楽しみに!

プロフィール

斎藤あや子
斎藤あや子
子育てママのフリーマガジンをゼロから立ち上げ、編集方針やデザイン指示、売上構造の把握など、様々な業務を経験した後、通販のマタニティ・子ども服購入者向けの会報誌テコ入れに参加や顧客・産婦人科向けのフリー誌、新規事業を立ち上げる。その後「株式会社ママジョブ」を立ち上げ、ママ・主婦・サロネーゼの働くを支援し、再就職・起業含め約20,000人のキャリアチェンジを実施。
TVでは、NHK、フジテレビにじいろジーン、日テレスッキリ!!、ワールドビジネスサテライト等にて出演。


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。