第2回 プチ起業の事例・ロールモデルを作る

2013/6/12働きたいママの再就職を応援!プチ起業への道

働きたいママを応援!プチ起業への道

第2回 プチ起業の事例・ロールモデルを作る

プチ起業のママたちに取材すると、家庭に負担をかけない働き方がいいと言う方がほとんど、子育ての合間に、家事の合間に、自宅で両親を介護しながらなどの働き方を希望しています。

働き方はさまざまですが、ご自身の空いている午前中から午後までの時間が一番多いですね。週5を朝から晩までという方はあまり多くはありません。

それでは、3人の先輩プチ起業した方のスケジュールとそれぞれの働き方のポイントを見てみましょう。

 
■学習塾
働き方) 週4日 3時間ずつ 勤務時間は、14:30~17:30(他の指導の準備に1~2時間使用)

スケジュール

★ポイント
①時間の融通が利く
②ママが保育園8:30に送り、18:30にお迎え
③平日は子育て・家事ともに一人で行い、土日にご主人が家事を協力
④子どもがママの働いている姿を見られるので、尊敬してくれ、ママみたいになりたいと話になった
  (子どもの教育上もプラスに働いているかも)
⑤在宅の仕事だからこそ、「ここまで」という線引きが必要。夜の2時間だけは、家事も仕事もしない自分時間を決めている

■フラワーアレンジメント
働き方) 週2~3日 1ヵ月約10日 勤務時間は、約3時間
家事や育児の合間の時間を少しでも充実させたいと趣味ではじめたお花を仕事に。
お子さんも一緒に通える教室を自宅で開校。

★ポイント
①共通の趣味を持つ方々との出会いで前向きになれる
②自宅教室は、家事や育児の合間にできるので、家庭に負担をかけないですむ
③自分の充実した時間と自分の世界が持てること

■カラーセラピー
働き方) 自宅で平日のみ、子どもが学校から帰るまでの午前・午後の1時間半を2回実施

★ポイント
①自分のペースで、働くことができる
②家族の負担が少ないこと
③子どものためにはじめたことなので、想いが強いこと

 
自分だったら、どんな1日のスケジュール・ロールモデルでいきますか?
作ってみましょう。


プロフィール

斎藤あや子
斎藤あや子 子育てママのフリーマガジンをゼロから立ち上げ、編集方針やデザイン指示、売上構造の把握など、様々な業務を経験した後、通販のマタニティ・子ども服購入者向けの会報誌テコ入れに参加や顧客・産婦人科向けのフリー誌、新規事業を立ち上げる。その後「株式会社ママジョブ」を立ち上げ、ママ・主婦・サロネーゼの働くを支援し、再就職・起業含め約20,000人のキャリアチェンジを実施。
TVでは、NHK、フジテレビにじいろジーン、日テレスッキリ!!、ワールドビジネスサテライト等にて出演。



忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。