女性がワクワクする会社に! “ 佐川女子”ただいま増加中です

2014/9/17応援VOICE

佐川急便 東京本社 人事部 女性ワクワク推進課 課長

三宮 加代 さんにお聞きしました。

三宮加代 三宮加代さん

佐川急便といえば、青い縞シャツ、筋肉質の“佐川男子”のイメージだが、実は今、女性活用を積極的に行っている企業の一つ。その名も“女性ワクワク推進課”課長の三宮加代さんに話を聞いた。 「もともと男性が多く、企業風土も男性的だったのですが、これからの時代はもっと女性が活躍できる、女性がワクワクするような会社にしようというトップの考えで、2011年にグループ横断のプロジェクト『わくわくウィメンズプロジェクト』がスタート。そこから佐川急便では活動を強化するため『さがわワクワク委員会』を立ち上げ、支店・営業所などの女性活用を全社的に支援する部署として女性ワクワク推進課ができました」。2011年からの3年間で2000人以上の女性を雇用。現在21.8%の女性比率を2015年度に30%にするという目標も達成の見込み。 「女性が増えているのは、軽四ドライバーという小型車を運転し主に都市部で宅配を担当するスタッフ。働く時間を選択でき、パートで働けます。最近の個人宅向け荷物は通販商品が多く小型化。自分にできるかな?という方もいますが、台車も使うし大丈夫!」 積極採用に拍車がかかった契機は、潮来営業所でフルタイムのドライバーが不足したこと。短時間勤務で女性を採用したところ、それがよかった。「女性はコミュニケーション力が高いので、雰囲気が明るくなるし、業務効率も上がる。お客様へのサービスも細やか。『もっと採用したい』と、男性管理職の意識も随分変わってきました」 全国のスタッフが表紙を飾る女性向け社内報「WakuWaku」、女性の活躍を競う「ワクワクアワード」など、“佐川女子”を応援する企画は元気いっぱいで多彩。女性の働きやすさを向上させるため、全国を飛び回る日々だ。 (滑川恵理子)
三宮加代

プロフィール

三宮 加代 さん

佐川急便 東京本社 人事部 女性ワクワク推進課 課長

1999年、佐川急便入社。本社総務部、東京本社人事安全企画部などを経て、2014年1月に女性ワクワク推進課の課長に就任。趣味は乗馬。国体にも出場した。「言葉は話せなくても馬には本当に気持ちが伝わります。馬を通して、コミュニケーションを学んでいます」


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。