起業は自分を鍛錬できる。より楽しんで人生を生きられる

2014/10/1応援VOICE

日本女性起業家支援協会 日本ママ起業家大学 代表理事

近藤 洋子 さんにお聞きしました。

140823005_RGB

「小学生の娘から“大人ってズルイ! 好きなことばっかりして”と言われちゃう」と笑う近藤洋子さんは、「日本女性起業家支援協会」の代表理事。昨年「日本ママ起業家大学」を立ち上げた。今年の5月には修了を迎えた1期生が、自分の事業を企業にプレゼンするイベントを実施。「これ、女性起業家版『スター誕生』なんですよ」

「ラジオの仕事で大勢のママ起業家にインタビューした時、コンテンツはいいのに、強みをうまく伝えられない人が多くて、もったいないと思った」のが、女性の起業を支援するきっかけ。起業研修や講座を行う中で、大事なのは“出口だ”と感じた。「女性が実現したい事業を提案しても、男性社会の中では理解してもらえないことが多い。その価値を社会に向けて通訳して伝えることが大事です。でも今、男性も企業も変わってきている。今後も女性の新しい働き方を、どんどん提案していきます」

子どものこと、家のこと、女性が再び働くには、どうしても条件がつくし、起業となると大変では?

「女性起業家と一括りにいっても、パート代わりに月に数万円を稼ぐプチ起業、自身で生計を立てられるぐらいの個人事業主、企業として育てる経営者とでは、考え方も働き方も異なります。その時の状況、価値観によって、あるいは必要に迫られて変わることができる…女性の働き方は柔軟で、多様。そこが素晴らしいんです」

「母が59歳で亡くなったとき、人生はどう生きるかが重要だと、心から思いました。迷っているなら、一歩を踏み出したほうがいい。起業は自分を鍛錬します。まず夫に理解してもらうこともそのひとつ。いろいろなことが試され、夢が次々に出てきます。私は20代より今がずっと楽しい。大人ってサイコーです」(滑川恵理子)

(関連リンク)日本女性起業家支援協会 http://j-mec.com/

近藤洋子

プロフィール

近藤洋子さん

FMラジオのDJなど“しゃべり”のキャリアは約15年。各分野のカリスマへのインタビューは延べ4000人超。「15秒で相手の心をつかみ、1分で売れる!」セルフプロモーションの専門家として、これまでに延べ300人以上の女性起業家たちに個別レッスン、セミナーを開催。プロアスリート専属のメディアトレーナーとしても活躍。プライベートでは女児の母。働くママの会員制のコミュニティ”Dear.TomorrowFamily”の副代表も務めている


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。