女性の活躍を加速させたい!全国の地銀頭取が応援しています

2015/2/26応援VOICE

輝く女性の活躍を加速する地銀頭取の会 事務局 

山本悠介さんにお聞きしました。

山本悠介 山本悠介さん

 昨年11月、全国64行の地方銀行すべての頭取が賛同して「輝く女性の活躍を加速する地銀頭取の会」を発足した(会長・佐久間英利千葉銀行頭取)。

女性行員が働き続ける環境づくりや女性幹部の登用の推進等、各行の頭取が先頭に立つ姿勢を示している。

事務局の山本悠介さんに話を聞いた。

 

「少子高齢化と人口減少、また、労働力においては都市部集中、地方で減少傾向にあり、女性の活躍推進と共に地方創生が叫ばれています。地方銀行は、地域の経済の発展を支える立場です。全国の地 銀で女性が活躍すれば、本人や会社のためだけでなく、国全体が元気になるきっかけになります」

銀行の利用者の半数が女性だ。中小企業の経理担当が社長夫人であったり、家計管理は妻が行う例も多く、女性目線の金融サービスの提案が必要。そのためにも、銀行で働き続ける女性が増えること が大切だと話す。

「女性は子育てに比重がかかり、キャリア志向一本では行けない時期があります。個々の状況を会社が理解して制度や環境を変えることで、女性が働き続けられるように全国で考えて いきます。また、女性の支店長・幹部候補を育てる育成部会も年に数回実施していきます」

 

地銀のネットワークを生かした取り組みが秀逸だ。「配偶者の転勤で退職する場合、これまで働いていた地銀から、転居先エリアの地銀へ紹介するネットワークを作っていく。 銀行業務は特殊な知識が必要です。優秀な人材の活用は、本人のためにも地銀全体のためにもなります」。この春の制度化を目指す。「女性の皆さんには、限られた時間の中で最大限ご自分の能力を発揮してもらいたいと考えています。そのための制度・環境整備はどんどん取り組んでいきたいと思っています」 (大石登子)

銀行のお仕事リスト

150228002

プロフィール

山本悠介さん

●1999年千葉銀行入行。支店勤務を経て日本経済団体連合会に出向。人材育成部に異動し、女性活躍推進に携わる。現在ダイバーシティ推進部。"ダイバーシティ"とは多様性。性別・年齢・国籍・障害の 有無など環境・事情の違いを活かすこと。「それぞれの力を最大限に発揮できれば、組織力も強くなります」


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。