第3回 お仕事復帰スケジュール編

2013/3/27働きたいママの再就職を応援!

働きたいママを応援!再就職への道

ママの再就職の全体的な流れは、
目的→自己分析→リサーチ+学童→就職活動→リスクヘッジ→採用→出勤となります。

ママの再就職の全体的な流れ

1.なぜ仕事復帰をするのかを具体的にする

何のためにお仕事復帰したいのかをよく考えてみましょう。

2.自分の中でいつ仕事へ復帰したいか目標を決めよう(子どもが何歳で復帰する?)

お仕事の復帰時期を具体的にすること。 具体的にならないと学童や延長保育の場所など、いつ探したらよいのか分からなくなります。

3.働きたい業界の採用状況や仕事探しの方法をリサーチする

ママを採用したい企業探しやインターネットや情報誌、チラシ、ご近所、ハローワークなど様々な方法でリサーチします。

4.仕事選びと子どもの保育施設選びは平行して探そう

お仕事復帰を考えるママにとって、仕事選びと保育施設(延長保育できる施設など)選びは平行して探すのは必須です。

5.面接の際には子どもは預けて、いざ求職活動へ

面接の際には、子どもの一時預かりやベビーシッターなどがありますので、活用してください。5社以上はめぼしをつけましょう。

6.働く前にまたは働きつつ、リスクヘッジを考えておこう!

いざとなった時の病児保育や延長保育・ベビーシッター・近所の方などの二重保育などは、前もって探しておくことが社会人として、大事なことです。

7.子どもの成長と共にステップアップする働き方を考えていこう!

子どもの手がかからなくなってきたら、週2~週3勤務→フルタイム勤務へ、パート→正社員へなど自分の成長及び金銭面でもプラスしていきましょう。

約3~6ヵ月ぐらいの余裕をもって、再就職のスケジュールを立てましょう。

お子さんの状況もありますので、自分の思い通りにならないこともあります。
ゆっくりしたスケジュール立てをしながら、行動していきましょう。

プロフィール

斎藤あや子
斎藤あや子
子育てママのフリーマガジンをゼロから立ち上げ、編集方針やデザイン指示、売上構造の把握など、様々な業務を経験した後、通販のマタニティ・子ども服購入者向けの会報誌テコ入れに参加や顧客・産婦人科向けのフリー誌、新規事業を立ち上げる。その後「株式会社ママジョブ」を立ち上げ、ママ・主婦・サロネーゼの働くを支援し、再就職・起業含め約20,000人のキャリアチェンジを実施。
TVでは、NHK、フジテレビにじいろジーン、日テレスッキリ!!、ワールドビジネスサテライト等にて出演。

その他のカテゴリー

  1. 子育て家事と仕事との両立


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。