面接が決まったら

面接が決まったら

2014/6/23お仕事スタートガイド

0771

服装の準備は大丈夫ですか? 主婦モードから気持ちを切り替えて臨んでくださいね!

 

これを守れば好感度UP! 6つのポイント

Point① 第一印象が大切

イラスト/飛鳥幸子

見た目55%、声38%、内容7%と言われるのが第一印象です。明るい笑顔と元気な声であいさつしましょう。服装も基本はスーツですが、職場に合わせてブラウス・スカートでも可。写真と同じでなくてもいいですが、参考にしましょう。

Point② 内容はまず結論から

結論を先に言って、具体例な説明に入るほうがよいでしょう。こうするだけで、より論理的に聞こえます。

Point③ だらだらと話さないように・・・

「~でェ、~でェ・・・」と、長く文章を続けながら話さないようにします。短い言葉で話しましょう。1分くらいで話す練習をしてみるのもおすすめです。

Point④ 面接は、とにかく慣れること

普段スムーズに話せる人でも緊張はします。家で練習しましょう。その際は相手が3メートルくらい後ろにいて、距離があっても話せるように練習しておきましょう。

Point⑤ 話しの終わりに「以上です」をつける

「以上です」をつけると、「私からの話が全部終わりました」、ということが面接官に伝わり、次に進みやすくなります。

Point⑥ 面接は会話を楽しむつもりで

面接官との会話を楽しむ気持ちも大切です。ただし、女性の応募者の中には話が長すぎる人がいるので気を付けましょう。また妙に謙虚になりすぎる必要はありません。「何もできませんが、がんばります」では相手の印象に残りません。また、逆に「得意です」などと言うと、自慢しているようにとられる場合があります。客観的に事実を話そうという気持ちが大切です。

 

「こんなとき、どうしたらいい?」悩み別受け答えの仕方

悩み1 再就職にあたってブランクがある

あまり引け目に感じないことです。今はブランクのある人が多く、人事は昔ほど気にしていません。それよりもそのブランクの間、何をしていたのかが大切です。資格の勉強なのか、子育てなのか、前向きに取り組んだことを話せるようにしておけば大丈夫です。

悩み2 つっこんだ質問にはどうやって答えたら

面接の質問は以下の三大項目が基本です。

  1. 自己ピーアール
  2. やってきた仕事の経歴
  3. 志望動機(何がやりたいか)

その他にはご自分の履歴書、経歴書に書いたものについての質問です。突っ込まれるところはあらかじめ予測して答えを考えておくようにしましょう。

悩み3 いやな質問をされたら自信がなくなってしまう

「これを聞かれたらいやだな」という内容は誰にもあります。「ブランクが長いですね」とか「転職回数が多いですね」とか。転職回数が多くても、基本的には、自分の人生ですから何をしようが自由なわけです。いちいち説明する必要もないのですが、聞かれたら弱気にならず、きちんと答えた方がいいですね。できるだけ前向きな印象になるように答えましょう。病気で休んでいた場合は、完治しており再発の恐れがないのなら、特に自分から言い出す必要はありません。

著者プロフィール

上田晶美さん

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 代表
財団法人 女性労働協会 理事
日本キャリア開発協会 CDA

1994年日本初のキャリアコンサルタントとして創業。
以来20年に渡り、大学生、女性、主婦のキャリア支援を行ってきた。
自身も3児の母。年間全国で200講演を行う。
著書20冊。「ママも今日から働くワ」日本経済新聞出版社 「働くための話す・聞くコミュニケーションってなに?」ぺりかん社 など
現在、読売新聞に『就活ON・女子ナビ』を月に一度連載中。
早稲田大学卒。山口県出身

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 http://hanamaru-souken.com/

■資格取得支援制度のある仕事は ■扶養の範囲で働く仕事はこちら ■ブランクOKの仕事はこちら ■主婦・子育ての経験が活かせる仕事はこちら ■正社員募集 ■まかないつきの職場 ■50代も活躍中の職場

エリア

希望する勤務日数

職種