お仕事に関するQ&A

お仕事に関するQ&A

2014/11/26履歴書・面接必勝法

 

アルバイト・パート・派遣編

10分残業したのに、残業代がもらえません。

アルバイトでも残業代はもらえます。ただし、10分以内の残業が残業と認められるかどうかは微妙です。30分以上の残業からカウントするところもあります。聞いてみましょう。

風邪で休んだら、有給?無給?

6か月継続して勤務すれば、有給休暇がもらえます。もらえる日数は勤務時間に応じたものになります。例えば週に3日働くと、年間約150日の勤務日数になり、半年働いたら5日間の有給休暇がもらえます。

正社員と同じような仕事をしているのに安い賃金で不満だ。

確かにそういう職場はありますよね。一度、正社員にしてもらえないか、相談してみるといいでしょう。同一労働同一賃金の法則というものがあります。正社員にしてもらうには何が足りないのか、相談してみるといいでしょう。

手取りが少なくなるので、源泉徴収税や各種保険を払いたくない。

税金を取られるのは仕方のないことです。それが社会貢献ですから。また雇用保険や年金、健康保険などは、入れたらラッキーです。会社が半分負担してくれるのですから。ありがたい話です。

派遣で別の事業所に派遣された。

これは業務指示書に反するので、違反行為です。聞いてみましょう。無理強いされるようならば、派遣元にも相談しましょう。

派遣なのに残業させられて、しかも残業代がつかない

派遣でも残業する場合もあるでしょう。その場合の取り決めがどうなっているのか、確認した方がいいですね。残業代はもちろん請求できます。

「君には高いお金を払っているのに」と嫌味を言われた。私の手取りは少ないのに。

会社側は派遣会社へ、スタッフの手取りの倍くらいの金額を払っているものです。そのことだと思いますが、営業経費などですから、仕方ありません。しっかり働いて期待に応えるようにしましょう。頻繁に嫌味を言われるようなら、派遣元に相談してみましょう。

 

正社員就職・転職編

会社を辞めてから転職活動をすべきか、辞めないで活動すべきか。

どちらのパターンでも、メリットとデメリットがあります。自分がやりやすい方法がベストと言えそうです。

働きながら転職活動をする場合

メリット
収入があるため、転職に失敗しても経済的に困らない
気持ち的に余裕をもって活動することができる
デメリット
面接日時の調整や、初出社日の調整が大変
ともすれば本来の業務がいい加減になってしまう

辞めてから転職活動をする場合

メリット
活動に専念できる。またすぐに次の会社に移れる
資格をとったりするなど、スキルアップができる
デメリット
転職活動が長引くと経済的に苦しくなる
すぐに決まらない場合、精神的に焦ることが多くなる

採用されて「2週間後に入社してください」と言われたが、2週間では引継ぎができそうもない。

辞めることを会社に通告するのは1か月前と思っている人が多いようですが、民法では2週間前としています。法律的には問題ないので、引継ぎのやり方次第では可能です。

前職と全く違う職につきたい。

経験者の方が優遇されますが、全く新しい未経験分野に挑戦することが必要な場合もありますよね。資格を取る勉強に着手したり、業界研究をじっくり行ってみて志望動機につなげましょう。

資格を何も持っていないので、取ってから転職した方がいいか

特に資格がなくても実務経験があれば問題ありません。ただし、資格者が優遇される傾向はあるので、業種によっては考えてみた方がいいでしょう。

面接で緊張して上手く話せない。

みんな緊張します。練習方法としては、面接官から3mくらい離れて話す練習をするといいでしょう。ある程度の声の音量も大事なので、カラオケボックスで練習する人もいます。

字が下手なので、履歴書が苦手です。

パソコンで作成すれば問題ありません。むしろその方法が増えています。手書きの良さもあるので、名前だけでもきれいに書けるよう練習するのもいいですね。

職務経歴書を初めて書くのですが。

書き方は当サイトでもアドバイスしていますが、書いたら一度、だれかプロの人間に見てもらうことです。自分の言いたいことが強調できているか客観的に判断してもらうといいでしょう。

 

主婦編

子供の預け先が決まらないのに就職活動してもいいか。

同時並行で探す方法もあります。ただし、面接までいくと、「子どもさんの預け先は?」と聞かれる場合もあります。その時答えられないと困りますのでなるべく早目に預け先を見つけるようにしましょう。

夕方4時に帰れる仕事を探したい。

子どもさんの帰宅時間を考慮してということですね?譲れない条件ならば、それも大事です。パートタイム派遣という短時間の派遣もありますので、探してみましょう。

子どもが病気をしたらどうすればいいか。

休みやすい職場は同じ立場の主婦が多い職場です。また病児保育の専門機関もありますので、探しておきましょう。病気の時はママが病院に連れて行き、パパに早退してもらって交代するという連携方法を考えておきましょう。

両親が働いていると、子どもの夏休みは一人ぼっちになってしまうのでは?

学童保育で預かってくれます。パパの夏休みの休暇を子供の休暇と合わせてとって交代で面倒をみたり、実家に預けたり、と工夫しながら夏休みを乗り切っている人が多いですね。

夫が非協力的で家事に参加してくれそうもない。

仕事を探す前によく話し合いましょう。一人で今までどおりに仕事も家事もするというのは大変すぎます。収入を協力し合うなら、家事を協力し合うのが当たり前ですよね。

しばらくパソコンから遠ざかっているので、パソコンのスキルが心配。

最新のOSを使えるようにしておきましょう。1枚の書類を渡されて、その場で表や文書が作成できるかを試験される場合もあります。パソコンが必須の仕事なら、ブラッシュアップすること。検定を受けておくのも証明になっていいでしょう。

事務の仕事がしたいのですが、年齢でひっかかる。

経験がなくてもできる一般事務は、給料が安くてすむ若い人を募集します。経験を活かした仕事をするなら、営業事務や経理事務など専門的な事務を視野に入れた方がいいでしょう。

著者プロフィール

上田晶美さん

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 代表
財団法人 女性労働協会 理事
日本キャリア開発協会 CDA

1994年日本初のキャリアコンサルタントとして創業。
以来20年に渡り、大学生、女性、主婦のキャリア支援を行ってきた。
自身も3児の母。年間全国で200講演を行う。
著書20冊。「ママも今日から働くワ」日本経済新聞出版社 「働くための話す・聞くコミュニケーションってなに?」ぺりかん社 など
現在、読売新聞に『就活ON・女子ナビ』を月に一度連載中。
早稲田大学卒。山口県出身

株式会社 ハナマルキャリア総合研究所 http://hanamaru-souken.com/


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。