【タクシードライバー】女性ニーズ上昇中!

2015/5/5お仕事拝見

石田國子さん

女性ドライバーが求められている!と知って、学童保育の先生から転職。2年前、国際自動車に正社員として入社。同社の「女性ドライバーを増やして業界イメージを変えていきたい」という熱意に感銘を受けたという。3人のお子さんはすでに成人。仕事の話をするときの石田さんはなんだかとても楽しそう。

タクシードライバー

石田國子さん(50歳)

国際自動車吉祥寺営業所

タクシードライバーの仕事ってどんな仕事

タクシードライバーの仕事ってどんな仕事 タクシードライバーというと、深夜勤務とか、男性の世界とかいうイメージが ありますが、実は今、女性のドライバーを募集している会社が増えているんですよ。 会社によっては、日勤といって、朝6時から夕方6時の間に7時間半以上働けばいい といったシステムで、雇ってくれるところもあります(雇用体制は会社によって違うので要チェック)。2種免許がなくても大丈夫。私の場合は2種免許取得やホスピタリティ、地理の研修を受け、2か月でテストに合格して、仕事をスタートしました。もっと早い方もいらっしゃいますよ。まわりのスタッフからも「何か不自由なことはありませんか?」なんてよく聞かれ、正直なところ、今女性ドライバーは「おすすめ」です。

この仕事を選んで良かった!

この仕事を選んで良かった 桜、新緑、イチョウ並木、季節ごとに変わっていく東京の様子を見ることが楽しい。自分で好きな場所に行けるわけではありませんが、お客さんが自分の知らない思わぬ場所に連れて行ってくれるような感じ。それと、男性のドライバーの方には申し訳ないのですが、よく女性の方から「女性で良かった!」と言われます。男性の方に「ラツキー!」なんて言われると思わず嬉しくなっちゃいます(笑)。

わたしの一日

わたしの一日 朝は稼ぎ時なので、6時から働いて、夕方5時前には社に戻り、車を洗って返します。つい長く働いちゃいますが、3時前に家にかえることも可能なので、時々はプライベートを楽しみます。会社内では女性のドライバー同志の連帯感が強く、時には集まって女子会も。

忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。