頭金の貯め方のコツ、貯める時期について【心構え編】

2013/2/14花輪陽子の失敗しない<おうち×マネー>

花輪陽子の失敗しない<おうち×マネー>

おうちは人生の中で大きな買い物。そこでファイナンシャル・プランナー花輪陽子さんに、<おうちとマネー>のアレコレを教えてもらいます。これで失敗しない体質を目指そう!

第3回 頭金の貯め方のコツ、貯める時期について【心構え編】

編集部・シホ
編集部・シホ:マイホームを買う場合、ローンの期間が長いと利息の支払いが増えますよね。でも頭金を貯めるのもなかなか難しいのですが・・・。
花輪さん
花輪さん:マイホームが欲しいと思っている人は頭金を作ることが大切です。頭金なしでもマイホームを購入することはできますが、利息の支払いが大きくなり、最終的にたくさんのお金が必要になってしまうからです。今回は、その大切な頭金を貯めるための貯金のコツを考えてみましょう。 貯金をする上で私がおすすめしているのが先取り貯金の実践です。お給料をもらったら、真っ先に貯金部分をよけておき、残りの金額で生活するというものです。 ライフステージごとに貯金にまわせる割合は変わってきますが、無理のない金額を先取り貯金しましょう。余ったお金で貯めるというあまい考えではなかなか貯金はできないからです。すぐに住宅が欲しいというご家庭は住居費をおさえるために、期間限定で社宅や親との同居を考えて、貯金にまわす割合を増やす工夫をすることも大切です。
編集部・シホ
編集部・シホ:ライフスタイルによって、お金の貯め方も変わってきますよね?詳しく教えてください!
花輪さん
花輪さん:そうですね。次にライフスタイル(ステージ)別に貯め方のポイントを上げてみましたので参考にしてみてください。

DINKS世帯

共働きで子供のいないDINKS世帯は、実は一番の貯め時です。経済的にもゆとりがあるので、危機感を感じることがあまりなく、ついついたくさんお金を使ってしまいがちです。しかし、将来マイホームを買いたいと考えていらっしゃるDINKS世帯の方は、子供ができたり、パートナーに不測の事態が発生したりしても慌てなくて済むように、少し頑張って手取り月収の25~30%を先取り貯金に回す形で、ハイペースな貯蓄を意識しましょう。

中学生までの子供がいる世帯

この時期は子供の学費もまだそこまで大きくはないため、手取り月収の10%程度の貯金を目標にしましょう。専業主婦の方は子供が幼稚園や小学校に入ったら働くことも考えましょう。夫の収入を上げることは難しいですし、高い所得税を課されることがあります。所得税は累進課税だからです。しかし、専業主婦の妻が年収100万円を稼ぐ場合は、ほとんど税金がかからず、世帯の手取りを上げることができて、おトクなんです。

高校・大学生の子供がいる家庭の場合

子供が高校生から大学の間は、教育費負担が最も大きい時です。この時期は無理をせずに家計の収支が赤字にならないように踏ん張りましょう。できれば手取り月収の5%は貯めたいところ。

今回のポイント
先取り貯金を崩さず実行していくことが大切です。注意したいのが、経済的にゆとりがある時期に浪費をしてしまうことです。将来必要なお金のことも視野に入れ、貯められる時期にどんどん貯蓄を進めるとよいでしょう。まずは銀行に行って、自動的に定期に積み立ててくれるサービスの申し込みをするとよいでしょう。
アーカイブ
花輪陽子さん(写真)

ファイナンシャルプランナー 花輪陽子さん

CFP認定者。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。

元外資系の投資銀行に勤務。リーマン・ショックの際に夫婦同時失業を経験しFPに転身。著書に『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)、『貯まらん女のお金がみるみる貯まる魔法のレッスン88』(マガジンハウス)など。現在のレギュラー番組に「ニコニコ生放送」「ニコニコ生活講座」がある。

twitter:花輪陽子 https://twitter.com/yokohanawa

花輪陽子オフィシャルサイト http://yokohanawa.com/

 


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。