物件選びで失敗しない、モデルルーム見学時の4つの心得

2013/6/6花輪陽子の失敗しない<おうち×マネー>

花輪陽子の失敗しない<おうち×マネー>

おうちは人生の中で大きな買い物。そこでファイナンシャル・プランナー花輪陽子さんに、<おうちとマネー>のアレコレを教えてもらいます。これで失敗しない体質を目指そう!

第11回 物件選びで失敗しない、モデルルーム見学時の4つの心得

編集部・シホ
編集部・シホ:消費税がもうすぐ上がるということで、マンションのモデルルームに見学に行く人も増えているようですね。
花輪さん
花輪さん:モデルルームの見学は楽しくて気分も高揚するものです。でも、見学の際には“しっかり物件を見る”というポイントも忘れないようにしたいですね。
編集部・シホ
編集部・シホ:どういうところを中心に見ればよいのでしょうか。
花輪さん
花輪さん:モデルルームは、自分が検討しているお部屋と違うところもあるんです。例えば、間取りの違いですね。モデルルームは一番広い間取りが設定されているケースが多いようです。また、そこで設置されている設備は標準仕様ではなく、オプションで選択できるスタイルであることも。
編集部・シホ
編集部・シホ:オプションですか?
花輪さん
花輪さん:はい。例えば、標準仕様ではキッチンとリビングは壁で仕切られているものが、モデルルームではオプション仕様で、壁のない対面キッチンになっている場合もあるんです。
編集部・シホ
編集部・シホ:オプションで作られているお部屋のようにしようとすると、費用は上がるということでしょうか。
花輪さん
花輪さん:そうですね。費用が上がるケースもあります。また無償で、壁紙やフローリングなどがいくつかのパターンから選択できるような場合もあります。どれが標準仕様でどれがオプション仕様なのか、オプション仕様の場合はどれくらい費用がかかるのかを、現場で聞いてみるとよいでしょう。

モデルルームでのチェックポイント

1.設備や仕様
標準仕様とオプション仕様の違いを見極めることが大切。モデルルームに設置されているものでオプション仕様の場合は、シールなどの印がついていることが一般的。モデルルームに設置されている家具と実際の生活で使う家具とは違うため「うちにある家具を置いたら空間はどう変わるだろう?」と想像力を働かせることも大切。
2.間取りや各部屋・浴室の広さ
検討中の部屋の実際の間取り図と照らし合わせながら見学する。
3.立地
モデルルームと実際にマンションが建つ場所は違う場合もある。違う場合は、実際の建設地にも足を運んでチェックを。
4.方角や日当たり
モデルルームの方角と検討中の部屋の方角が同じとは限らない。一番広い窓が北向きか南向きかなど、日当たりが違うことで印象や光熱費も変わる可能性がある。方角の違いによる部屋の価格差と、メリット・デメリットを併せて検討する。
編集部・シホ
編集部・シホ:モデルルームでは見るべきポイントがたくさんあるんですね!実際に検討している部屋との違いは大きそうです。
花輪さん
花輪さん:そうですね。特に金額や環境に影響する差異をよく確認し、失敗のないようにしたいですね。
今回のポイント
モデルルーム見学の際に、検討中の部屋と展示の部屋との違いをチェックし、それによる料金の変化もしっかりと確認する。分からないことがあれば現場で質問しよう。
アーカイブ

一覧はこちら

花輪陽子さん(写真)

ファイナンシャルプランナー 花輪陽子さん

CFP認定者。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。

元外資系の投資銀行に勤務。リーマン・ショックの際に夫婦同時失業を経験しFPに転身。著書に『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)、『貯まらん女のお金がみるみる貯まる魔法のレッスン88』(マガジンハウス)など。現在のレギュラー番組に「ニコニコ生放送」「ニコニコ生活講座」がある。

twitter:花輪陽子 https://twitter.com/yokohanawa

花輪陽子オフィシャルサイト http://yokohanawa.com/

 


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。