【家計簿診断】不妊治療と住宅購入、どちらもかなえられる?

2013/10/31花輪陽子の失敗しない<おうち×マネー>

花輪陽子の失敗しない<おうち×マネー>

おうちは人生の中で大きな買い物。そこでファイナンシャル・プランナー花輪陽子さんに、<おうちとマネー>のアレコレを教えてもらいます。これで失敗しない体質を目指そう!

第22回【家計簿診断】不妊治療と住宅購入、どちらもかなえられる?

<相談者Yさんより>
去年からボーナスが出なくなり、年収が手取りで100万円ほど減りました。また2人目の子どもがほしいので不妊治療をしています。車の買い替えか戸建ての購入は可能でしょうか。また2人目の子どもを授かることができたら、なるべく定期預金を減らさずにやりくりする方法を教えてください。
大阪市 Yさん(37歳)【夫42歳・長女6歳】

家計簿チェック

貯蓄・保険チェック

<花輪陽子の家計簿診断>

■不妊治療にいくらまでかけるのか決める

しっかりと貯金を作っていてご立派ですね。車の買い替え、住宅の購入、不妊治療にかけるお金の予算が立てられれば、目標のすべてを達成させることも可能です。
NPO法人「Fine」の「不妊治療の経済的負担に関するアンケートPart2」(対象者:1993名、調査期間:2012年12月28日~2013年3月10日)によると、不妊治療にかけている治療費の総額の割合は下記の通りになります。

・ 50~100万円未満   17.6%、
・ 100~200万円未満   24.8%、
・ 200~300万円未満   15.2%、
・ 300~500万円未満   10.6%、
・ 500万円以上      4.6%

Yさんの場合、家計簿には不妊治療代は月1万円しか記録していないようですが、1年間でいくらかけているのかをしっかり記録し、いくらまでかけるのか予算を決めておきましょう。また不妊症の治療費や人工授精の費用は、医療費控除の対象となるため、領収書を保管しておきましょう。

■自己資金は物件総額の25%必要。給付金にも注目

マイホーム購入の頭金の目安は購入価格の2割程度と言われています。また購入費用のほかに諸費用もかかりますので、25%程度の自己資金を貯めるようにしましょう。例えば、3000万円の物件の場合、750万円の自己資金を目安に考えて。
すでに1200万円以上貯金があるので、自動車と不妊治療にかけるお金をおさえることができれば、住宅購入も十分に可能です。できれば手元に100~200万円程度の貯金を残しておけるとより安心です。

住宅取得者の、消費増税による負担を緩和するために導入予定の「すまい給付金」制度にも注目しましょう。消費税率8%時は、年収額の目安が510万円以下で10万~30万円、10%時は同775万円以下で10万~50万円が給付される予定です。

■団信のことを考え、保険の見直しを

家計簿のなかでは旦那さんの保険料が高めなのが気になります。年払いにしているYさんの保険料も含めると月約2万9000円になります。
住宅ローンを組むと、一般に団信(団体信用生命保険)に加入することになります。団信とは住宅ローン契約者が死亡または高度障害になった場合、生命保険会社からローン残高に相当する金額が保険金として金融機関に支払われ、ローンが完済となる制度です。団信が生命保険の代わりになりますから、住宅ローンを組む際に保険の見直しを行ってもよいですね。
しっかりと予算を立てて、夢の実現に向けて夫婦で励んでくださいね。

» 知らないと損をする!住まいの気になる新着情報をチェック

アーカイブ

一覧はこちら

花輪陽子さん(写真)

ファイナンシャルプランナー 花輪陽子さん

CFP認定者。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。

元外資系の投資銀行に勤務。リーマン・ショックの際に夫婦同時失業を経験しFPに転身。著書に『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)、『貯まらん女のお金がみるみる貯まる魔法のレッスン88』(マガジンハウス)など。現在のレギュラー番組に「ニコニコ生放送」「ニコニコ生活講座」がある。

twitter:花輪陽子 https://twitter.com/yokohanawa

花輪陽子オフィシャルサイト http://yokohanawa.com/

 


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。