貯蓄をしたいのですが毎月ギリギリ まずは何をしたらいい?

2014/8/21八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

貯蓄をしたいのですが毎月ギリギリ
まずは何をしたらいい?

千葉県・Aさん(33歳)【夫34歳、長女6歳、長男3歳】

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら

夫の残業代が減ったことに加え、子供が二人とも幼稚園に通っていることから貯蓄ができなくなってしまいました。2年以内に車購入を検討していますが、どこから削ったらいいでしょうか。

八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

いま学資保険で毎月1万6000円支払っていらっしゃいますが、月の支出が月収とほぼ同額なので、貯蓄をしているようで、実際はボーナスで帳尻合わせしている状態のようです。

支出の内訳をみると、住居費と保育料、習い事で月収のほぼ半分を占めます。やはり子供にかかるお金が大きいようですね。

一般に「教育費のピーク」というと、子供が高校生~大学生の時期なのですが、幼稚園期にも負担の大きい時期が数年あります。まさにいまのAさんの置かれた状況です。

ある程度は、「いまはお金がかかる時期」と受け入れましょう。公立小学に進学すれば、一気に余裕が生まれます。余裕が出ても、浮いたお金をきちんと貯蓄に回せなければ意味がありませんので、浮いたお金で支出が増えないように注意しましょう。

光熱費などは比較的抑えられている印象です。少し気になるのは夫婦の小遣い。二人で月収の13%を占めます。「小遣い」と費目を作ってしまうと、その支出を固定化させかねません。必要なときに必要なだけ使うやり方に変えるのも一つです。もし車の購入を優先させたいのなら、小遣いを含めた各費目から少しずつでも削って、貯蓄できる体質を作りましょう。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。