二人目の子どもを希望 貯蓄するために見直したらいいポイントを教えて

2014/8/28八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

二人目の子どもを希望 貯蓄するために
見直したらいいポイントを教えて

埼玉県・Aさん(26歳)【夫28歳、長男1歳】

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら

昨年、家を買いました。住宅ローンの返済があって、なかなか貯蓄できません。近いうちに二人目の子供を希望していますが、家計のどこから見直したらいいでしょうか?

八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

昨年、家を買ったとのことですね。現在の住居費、食費、水道・光熱費、通信費の合計額は14万円で、手取り月収の6割を超えます。収入に対して高めの印象です。

住居費を減らすのは難儀ですが、他の費目で2~3割ずつでも減らす努力をしましょう。それだけで月2万円程度浮くことになります。

子ども費、その他で月4万円かかっているのも気になります。毎月これだけの額が継続的にかかっているとしたら、その中身をじっくり精査しましょう。第一子だと何かと物入りかとは思いますが、レンタルやリサイクルを上手に活用し、半分くらいに一気に抑えることを目標としたいです。

こうして浮いたお金は、毎月のカード返済1万5000円とは別で返済に充てましょう。カードの借り入れ残額がいくらあるか分かりませんが、預貯金金利よりもはるかに高い金利が適用されていると思われますので、貯蓄形成よりもいまは返済を優先しましょう。

私の相談の経験上、カード利用のよくあるパターンは、生活費が足りないとクレジットカードで買い物をし、それを繰り返しているうちに借り入れが膨らんでしまったケースです。Aさんにも思い当たるところがあれば、カード払いはいったんやめて、現金で買い物をすることをお勧めします。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。