家計の赤字はどう見直す? ボーナスで補てんはもう卒業

2015/2/5八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

毎月赤字でボーナスで補てん
家計の見直し点を教えてください

栃木県・Oさん(31歳)【夫33歳、長男4歳、長女1歳】

毎月赤字です。貯蓄も少ない上に、ボーナスで補てんしている状態で、とても不安です。将来的には住宅を購入したいと考えています。いまからどこを削ったらいいでしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

子どもが小さいうちは、しっかり貯蓄を形成したい「貯めどき」。その時期に毎月赤字というのは困りました。支出をカットすることと同時に、収入を増やすことも考えたいところです。

住居費はすぐに減らせないと思いますが、その他の費目はすべて努力しだいで減額できるでしょう。例えば、水道光熱費、通信費、日用雑費。これだけで月6万5000円となり、月収の3割近くを占めます。それぞれを2割カットするだけでも1万3000円浮きます。

さらに保険料も高めの印象です。貯蓄性の保険がなければ、見直しの余地は十分にあります。上手くできれば、1万円以上は見直せるでしょう。

小遣いも再検討を。赤字が恒常的になっている現状を踏まえると、夫の協力もぜひあおぎたいところです。

その他すべての費目においていえることですが、常に本当に必要なモノなのかどうかを吟味してから買うことを意識してみてください。

1年後には働きたいとのことですが、いいと思います。ただし、気を付けたいのは、せっかくいま支出の見直しができても、パート収入が入ることで、元に戻ってしまわないことです。自宅購入の夢をかなえるためにも、継続的に支出が膨張しないように気を付けてください。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。