節約しても保険料や住宅ローンが負担 毎月赤字です どうすればいい?

2015/3/5八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

節約しても保険料や住宅ローンが負担
毎月赤字です どうすればいい?

埼玉県・Wさん(34歳)【夫34歳・長女6歳・長男3歳】

夫が転職して収入が減りました。保険料や住宅ローンが負担で、毎月の赤字をボーナスで補てんしています。お弁当づくりなど節約もしていますが、他に見直すポイントを教えてください。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

食費や光熱費は上手に抑えられている一方で、通信費、雑費、保険料は高めの印象です。これらの費目を中心に見直しをしたいところです。しかし、それより気になるのは、いただいた家計簿を拝見すると、どうやら月の収支は赤字ではないようです。ということは、家計簿が間違っている可能性があります。

もし家計簿が合っているとしたら、年間で90万円程度は貯蓄できそう。それにしては、もし最近大きな額の支出があったのではない限り、現在の貯蓄額50万円は少なめの印象です。とはいえ、「学資保険」も立派な貯蓄手段ですから、これを「保険料」という「支出」と考えていたとすれば、必要以上に家計は赤字と捉えてしまっていた可能性もあります。

いずれにしても、まずWさんに取り組んでいただきたいのは、「家計の把握」です。レシートを必ず持ち帰ること、口座から引き落とされている額を洗い出すこと、特に複数の口座で引き落としがある場合はすべて確認してください。さらに、レシートの出ない支出などの見落としがないかも振り返ってみましょう。

それらをあらためて「集計」しましょう。そして、金額の大きい費目から見直しのメスを入れるといいでしょう。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。