思うように貯蓄ができません 家計のどこを削ったらいいでしょうか?

2015/3/26八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

思うように貯蓄ができません
家計のどこを削ったらいいでしょうか?

千葉県・Mさん(31歳)【夫32歳・長男7歳・次男0歳】

昨年、住宅を購入しました。児童手当は全額貯蓄に回していますが、家計からは思うように貯められません。老後資金も貯めたいのですが、どこを削ったらいいでしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

現状の家計では月の収支にあまり余裕がありません。ボーナスがないことを考慮すると、何とか月収からしっかり貯蓄形成していきたいですね。

支出をみると、金額が大きいのは「住居費」と「夫の小遣い」(「年金など」は除く)。住宅ローンを組んだばかりでは、住居費を削るのは難しいでしょう。となると、どうしても目立ってしまうは夫の小遣いです。

仕事の都合で昼食代がかかるとか、何らか事情があるかもしれません。しかし、ここは何とか夫に協力をお願いしたいところです。

「どこを削れるか」と考えるのではなく、いったん白紙の状態から「何が必要か」と優先順位をつけながら予算立てするといいでしょう。お金をかければ楽だし、便利なことは多いですが、かけられなければその分工夫が必要です。優先順位をつけるとともに、金額をどう落とせるかも併せて考えてみてください。

欲を言えば、水道・光熱費や通信費をもう1~2割でもカットできると理想的です。月々は小さい額でも長い目で見れば大きな効果につながります。

いまは0歳児がいるので、Mさんが働くのは難しいかもしれません。でも、子供の手が離れたら、将来的にパートであっても働くことを検討してみてもいいと思います。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。