貯蓄を切り崩してしての生活に不安 家計のどこから見直したらいい?

2015/4/9八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

貯蓄を切り崩してしての生活に不安
家計のどこから見直したらいい?

埼玉県・Aさん(42歳)【夫43歳・長男9歳・次男5歳・長女4歳】

まったく貯蓄できず、貯蓄を取り崩しての生活です。このままでは老後が心配です。どこから削ったらいいでしょうか。私はがん保険に加入していません。入った方がいいでしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

自営業でボーナスがないということなので、月の収支からしっかり貯蓄形成する必要があります。ところが、まったく貯蓄ができないとのこと。いったん考えをリセットして、思い切り自分を変えるくらいの気持ちで改善に取り組むといいでしょう。

まず真っ先に目につくのは食費の高さ。半分にでも抑えられれば月6万円もの余裕が生まれます。年間で70万円を超える金額がすぐに貯まります。食費は「単価×総量」で決まります。食材一つひとつの値段や量が多くないかチェックを。また、外食などについても見直してみてください。

水道・光熱費や通信費は抑えられているようですが、夫の保険料が1万5000円とのこと。貯蓄性の保険でなければ、削れる余地はあるかもしれません。

また、質問のがん保険ですが、必ず加入するものではありません。ざっくりですが、終身保障の場合、1度がんになると支払った保険料と同額程度の給付が受け取れるくらいです。ということは、貯蓄でカバーする選択肢もあるわけです。仮にがんにならなければ保険料の多くは掛け捨てになりますから、慎重に検討しましょう。今の最優先課題は家計のムダを省いて、貯蓄体質をつくることです。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。