子どもが生まれます 生命保険や教育資金の準備はどうしたらいい?

2015/6/11八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

子どもが生まれます 生命保険や
教育資金の準備はどうしたらいい?

神奈川県・Mさん(29歳)【夫30歳】

来年、第一子が誕生します。現在、生命保険にまったく加入していないので、心配です。どのような保険に加入したらいいでしょうか。学資保険は加入した方がいいでしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

150611kakeibo

生命保険(死亡保障)に加入する際には、「必要保障額」を計算します。大黒柱に万が一のことがあった場合を想定し、その後にかかる遺族の生活費や教育費などの「総支出」から、遺族年金や配偶者の所得、現在の預貯金などを合計した「総収入」を差し引いて求めます。ただ、計算は少々厄介。遺族年金などは専門知識がないと難しいでしょう。また、必要保障額の計算は相談する相手によって、結果がまちまちなところも。いざというときに足りなくても困りますし、多すぎても保険料がもったいないです。計算してもらう際には、計算根拠を説明してもらい、万が一の祭にも心強いか、その計算方法にいかに納得できるかが大事でしょう。

保障額の目安がみえてきたら、割安な保険を探します。いくつか相見積もりを取りながら、検討してください。共働きであれば、夫婦それぞれの必要保障額を計算するといいでしょう。

教育資金の準備は学資保険に限りません。学資保険は親の死亡保障も兼ねていますが、途中で解約すれば元本割れします。継続する前提であれば、銀行預金よりは高めの利回りです。どんな方法も一長一短ですので、自分自身に合う積立方法を見つけてください。

出産前後は妻の収入は減りますが、全体的に抑えられている印象なので、保険料の支払いは問題ないでしょう。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。