共働きで外食も増えがち やりくりするポイントを教えて

2015/7/9八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

共働きで外食も増えがち
やりくりするポイントを教えて

千葉県・Kさん(33歳)【夫33歳・長男3歳】

できたらもう一人子供がほしいと考えています。夫婦共働きのため、つい外食が増えてしまいます。どこをやりくりしたらいいでしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

2人目のお子さんを希望とのこと。なお前向きに健全な家計づくりに取り組んでいきたいですね。共働き家計はどうしてもどんぶり勘定になりやすく、外食が増える傾向が。ある程度は受け入れつつも、歯止めが利かなくなる危険性もあるので要注意です。確かに食費は高めの印象。せめて今後はこれ以上増えないようにしましょう。

その他の費目は目立って高い印象はありませんが、しいて言えば、通信費と雑費はおさえる余地がある気がします。通信費は毎月のコストはそれほど高くなくても、長期継続することで家計にボディブローのように効いてきます。月2万円も30年で720万円の負担。侮れませんね。使わないサービスや利用状況に合っていないプランがあればもったいないですから、すぐに見直しをしましょう。

雑費を削るには、「雑」とあるように、なんだかんだつい買ってしまうモノなのか、本当に日常生活に必要なモノなのか精査するといいでしょう。レシートは必ず持ち帰るようにして、しばらく経ってから再度振り返ってレシートをチェックしてみてください。買ったモノは継続的に生活に生かされているでしょうか。そうでなければ、ムダ買いの可能性アリ。本当に必要なモノかどうかを見極める目を養うことは家計改善にとても有効です。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。