年収がダウンし、貯蓄ができません どうしたらいいかアドバイスを

2015/7/16八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

年収がダウンし、貯蓄ができません
どうしたらいいかアドバイスを

神奈川県・Kさん(35歳)【夫33歳・長女1歳】

夫の年収がダウンしました。なかなか貯蓄ができなくなり、これから教育費がかかるかと思うと、将来が不安です。保険にも加入していません。どうしたらいいかアドバイスをお願いします。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

物価が上がっている中、年収の減少は家計にとって痛いかもしれません。パッと目につくのは住宅費の高さ。年収が下がってしまったせいか、月の支出の多くを占めています。とはいえ、なかなか削れませんから、他で努力することを検討しなければなりません。それほど多くの費目がないということは、比較的シンプルな家計です。その分対策も取りやすいでしょう。

水道・光熱費は高い印象はありませんが、通信費は多少気にならないでもありません。自宅にパソコンがあれば、携帯でのネット通信を落とすとか、逆に携帯がネット利用の中心であれば、自宅でのネット環境を再検討するのも一つ。交際費はコミュニケーション上とても大事だと思いますが、回数が多いとすれば、減らす検討もアリでしょう。小遣いも要検討です。

それらで浮かせたお金は新規に加入する保険に充ててみては。子どもが小さいことを考えると、大黒柱に何も保険がないのも不安でしょう。特に死亡保険は検討したいところ。たばこを吸わない、一定の健康状態が認められれば、割安な保険もあるので、検討してみてください。保険料の負担が増えても月4~5万円くらいは貯蓄ができそうです。ボーナスの支出も見直して、貯蓄余力を高めていく努力をしてみてはいかがでしょうか。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。