住宅購入を検討中で自己資金をためたい 家計の見直すべきところは?

2015/9/3八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

住宅購入を検討中で自己資金をためたい
家計の見直すべきところは?

千葉県・Aさん(31歳)【夫35歳・長女1歳】

住宅購入を検討しています。なんとか自己資金をためたいのですが、思うように貯まりません。近々、夫の父親との同居も考えています。どこを削ったらいいでしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

現在の夫の収入からすると、月の家賃は高めの印象です。子どもが生まれる前、Aさんは働いていたのでしょうか? そのためにどうしても貯蓄しにくい構造になっているようです。近々義父との同居を検討しているのであれば、すぐ引っ越して家賃を抑えられても、引越し費用でかかるコストを思えば得策ともいえません。

ということは、家賃を差し引いた残りでやりくりする必要があります。家計簿を拝見すると、全体的に費目が少なくシンプルな家計であるようです。おそらくある程度まとめて一つの費目に合計しているのだと思うのですが、そう考えると、パッと気になるのは通信費と保険料、夫の小遣いです。

費目を見直すのに有効な考え方として、「なくす」「安くする」「代わりを検討する」という、3つの考え方があります。

通信費は、よりおトクな料金プランはないかなど検討してみるといいですね。保険については、月3万円の保険料が掛け捨ての保障性のものであれば、丁寧に見直すことでカットできるでしょう。

夫の小遣いはさきほどの3つの考え方を用いて、削れるところがないか、夫と一緒に話し合ってみていはいかがでしょうか。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。