マイホームを購入できたけれど… 今後、家計を見直せるポイントは?

2015/9/24八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

マイホームを購入できたけれど…
今後、家計を見直せるポイントは?

東京都・Yさん(26歳)【夫34歳、長女1歳】

今年、念願のマイホームを購入しました。いまは貯められていますが、第二子を希望しており、今後の教育費の負担が心配です。いまから家計を見直せるポイントを教えてください。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

念願のマイホーム、おめでとうございます。しっかり返していけるよう家計管理もがんばりましょう。

ちょっと気になるのは住宅費の金額。固定資産税が含まれているとはいえ、収入に占める割合は高い印象です。何年ローンか分からないので一概にはいえませんが、30年以上の期間で組んでいるのであれば、今後Yさんが働きに出ることは賛成です。働きしだいですが、その上で第二子もぜひ前向きに検討されてはいかがでしょうか。

住宅費が高いせいなのか、他の費目はかなり抑えられている印象です。きちんと貯蓄できているのはそのためですね。食費や光熱費は立派です。今後Yさんが働き始めたり、第二子が誕生したりすれば金額は増えるでしょう。それはいいのですが、収入が増えるとどんぶり勘定になって必要以上に支出が増えるケースがあります。そうならないようにいまの金銭感覚を忘れないようにしてほしいと思います。

少し目立つとすれば保険料と夫の小遣い。どちらもすごく高いわけではありませんが、見直す余地はゼロではないかなという印象です。生命保険は本当に必要な保障かどうかの見極めと、割安な保険が他にないかがポイントになります。小遣いは夫と相談ですが、協力してもらえるなら、無理のない範囲で削減を検討してみましょう。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。