子どもを希望していますが収入の減少が不安 住宅購入に向け貯蓄はいくらくらい必要?

2014/5/15八ツ井慶子の家計簿拝見

子どもを希望していますが
収入の減少が不安
住宅購入に向け貯蓄はいくらくらい必要?

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
家計相談受け付け中!

from相談者
共働きですが、夫に賞与はなく、これから子供ができたとき、私の収入が減ることが不安です。住宅購入も検討中ですが、いくら貯めたらいいのでしょうか。
埼玉県・Wさん(30歳)【夫30歳】

八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

共働きだとどうしても食費が増えてしまいがちですが、月3万円に抑えているのはすばらしいですね。

とはいえ気になるのは貯蓄額。家計簿では年間200万円以上貯まる計算ですが、貯蓄は300万円と少ない印象です。結婚の時期は分かりませんが、家計簿が正しいか再チェックしてみましょう。同時に貯蓄残高推移も併せてチェックすると、きちんと貯蓄につながっているかも確認できます。

子どもの出産への不安ですが、共働きの場合、同じ悩みをかかえます。Wさんの収入が高いため、より不安かもしれませんが、出産は女性にしかできません。ある程度は仕方ないと受け入れましょう。しっかり貯蓄形成できることは安心感につながりますから、家計簿チェックを再度しっかり行って。

住宅購入時には、住宅ローンを組みますね。ですから、“いくら貯蓄があったら買えるか”ではなく、“いくらのローンなら返せるか”という視点が重要です。どれだけ頭金を貯めても、無理なローンを組んでは意味がありません。逆にいうと、無理のない範囲で家を選べばいいということになります。今後5~10年でいくら貯蓄できそうか、いつ出産したいか、家をいつ買いたいか表に書き出してみては。具体的な金額を想定して目標額をイメージできると家計改善もやりやすいですよ。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
家計相談受け付け中!


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。