数年後に住宅購入を検討中 夫が60歳までにローンを返せる?

2015/10/8八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

数年後に住宅購入を検討中
夫が60歳までにローンを返せる?

東京都・Fさん(34歳)【夫35歳、長女7歳、次女2歳】

現在は社宅ですが、2~3年後に住宅購入を検討しています。予算4500万円の場合、夫60歳までに返せるでしょうか。好きな洋服代はオークションを活用して抑えています。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

水道・光熱費や通信費は努力の甲斐もあってか、収入に対して抑えられている印象です。ファッション好きとのことで、確かに被服費は他の費目と比べると少し高めの印象ですが、家計を崩すほどでもないでしょう。

住宅購入についてですが、物件価格に諸費用、引越しにかかるもろもろのコストをすべて合計した予算を4500万円と仮定し、2年後に購入と想定。いまの貯蓄ペースを考慮して、自己資金として1200万円を充当、3300万円を全期間固定金利年2%、借入期間23年(完済時夫60歳)で住宅ローンを組んだとすると、月返済額は約15万円となります。その他に固定資産税やマンションであれば管理費・修繕積立費を上乗せし、返していけそうかどうかが、ひとつの目安になります。もちろん金利水準や住宅ローン減税などの条件によっても負担は変わってくるでしょう。

現在、月10万円を貯蓄しているとのこと。仮に、現在の家計簿で住居費の負担を月17万円に増やしても年100万円以上は貯蓄できそうです(学資保険除く)。あとは、夫の収入がどう変動するか、退職金はどのくらいか等で状況は変わると思います。私の経験則では、Fさんがお勤めに出れば大きな失敗はないように感じます。いざとなれば被服費、美容費、習い事などをカットする覚悟があればなおいいですね。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。