出産後に保育料の負担が増えるので 購入物件の価格を落とすべき?

2016/4/21八ツ井慶子の家計簿拝見

質問

出産後に保育料の負担が増えるので
購入物件の価格を落とすべき?

神奈川県・Wさん(32歳)【夫32歳】

妻は現在妊娠中(仕事は復帰予定)。出産を機に住宅購入を検討しています。家賃より少し返済額が高くなりそうですが、保育料の負担が増えると思うと、物件価格を落とした方がいいでしょうか。

家計相談受け付け中!
あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


八ツ井慶子の家計簿拝見

収支内訳

家賃と返済額の比較は、「何となく負担感がつかめる」という意味では確かに参考になるでしょう。ただし、いくつか注意点があります。

まず固定資産税。持ち家となると固定資産税がかかり、負担が増えます。次に光熱費です。賃貸物件より部屋全体が広くなると、エアコンの台数が増えて電気代が上がったり、何かと光熱費が上がる可能性があります。立地が変わることで交通費にも変動があるかもしれません。他にも、Wさんもそうであるように会社からの補助がなくなるといったこともあります。単純な家賃との比較は要注意です。

また、保育料を気にしているようですが、住宅ローンを組めば30年くらい長期の視点で家計を捉えることが重要。保育料もそうですが、その先の高校、大学の方が、一般的にはもっと負担が増します。住宅ローンと教育費の二重負担でいえば、むしろ、この時期をしっかり乗り切れるかどうかを気にしたいところです。いただいた家計簿だけで物件価格を落とした方がいいかどうかは、何とも判断がつきません。

現在、月では赤字で、ボーナスで補てんしている状況のよう(出産手当考慮せず)。住宅購入に向けて通信費、夫婦の小遣いあたりから見直しを検討してみては。また、出産に伴って夫婦の死亡保険も検討するといいと思います。

八ツ井慶子
ファイナンシャル・プランナー(CFP)。生活マネー相談室 代表。個人の家計相談を中心に、講演、執筆活動を行う。

家計相談受け付け中!あなたも相談してみませんか
お問い合わせはこちら


忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。