【クリーニング】キレイになった! その喜びを伝えたい

2017/7/19お仕事拝見

店舗での受付業務のパートからスタートし、今や数店舗の運営を任されるアドバイザーに。「スタッフとお客さまとの信頼関係をいかに築くかが大切。スタッフの成長を見る瞬間がいちばんうれしい」

「株式会社 ノムラクリーニング」店舗アドバイザー

藤澤千亜紀さん(33歳)

洋服ごとにぴったりの洗い方が自然に見極められるように

6年前にノムラクリーニングに入社、なんばCITYの店舗で受付業務のパートを始めた藤澤千亜紀さん。 持ち込まれた衣類の汚れやボタン、ポケットなどの状態を確認し、品質表示をチェックして、最も適した洗い方を提案するのが仕事です。「有名ブランドの服など、洗う際に配慮が必要な、繊細な素材が使われている場合もあります。それらをすばやく判断し、どのクリーニングが適しているかを相談させていただかなくてはなりません。お客さまからご要望がないからと、通常のクリーニングに回してしまってはいけないんです」。
店頭でのさまざまな質問にも答えられるように、洋服の洗濯表示やブランドに関する知識も必要です。「研修もありましたし、知識は仕事をしていく上で、自然に身に付きます」。寸法直しや穴の修理、リフォームなどの要望があれば同時に受け付け、タグを付けて工場に出荷します。
商品が工場から戻ってきたら伝票と照らし合わせてチェック。洋服を引き取りに来たお客さまに、仕上がりについて丁寧に説明し、返却します。「きれいになった」と喜んでもらえる瞬間です。「いつでも笑顔とやわらかい対応するように心がけています」。

指導する立場の今は、スタッフの成長がやりがい

現在、藤澤さんは靱本町店、JR八尾駅前店など6店舗のリーダーやサブリーダーを束ね、接客指導や店舗の運営を行うアドバイザーとして活躍しています。「1年ほど受付を経験した頃、新店舗でサブリーダーになり、スタッフの育成や仕事の指示、シフトを組むなど店舗の管理を任されました。その後、入社3年目で正社員となり、リーダー職を経験、昨年8月からアドバイザーとして働いています。ステップアップしたい気持ちもありましたし、その時々で、タイミング良く声をかけていただきました」

一日に2~3店舗を回り、スタッフからの質問に答えたり、アドバイスをしたり。空き時間に各店舗のシフトをチェックし、次の仕事のシフトも組みます。スタッフが足りないときには藤澤さん自身がシフトに入ることも。
「スタッフの大半は主婦で、子育て中の人も多いので、それぞれの都合を考えなくてはなりません。清掃が得意なスタッフ、接客が得意なスタッフ、一人一人の強みを伸ばしながら、弱みを改善していくことも仕事です。毎日忙しいですけれど、自分がかかわった新人スタッフが育ったときにはやりがいを感じますね。特にスタッフとお客さまの信頼関係が築けて〝安心して任せるわ〟などと言ってもらっているのを目の当たりにすると、自分のことのようにうれしいです」

クリーニング会社にはまだまだいろんな仕事があります

福丸彩香さん(21歳)さんの担当は、預かったお客さまの衣類を洗う「洗い場」と呼ばれる仕事です。濃い色、薄い色などに分けて、検品。汚れや破れがないかをチェックし、汚れていれば、前処理として薬品のスプレーを吹き付け、汚れを取ります。洗い終わったら、今度は素材別に、自然乾燥、タンブラー乾燥、制止乾燥に分けて乾燥します。多いときで約2000点の洋服を洗う日もあるのだそうです。「店舗でのアンケートで、『きれいに仕上がって良かった』と喜んで書いて下さったお客さまがいると、この仕事をしていて良かったとつくづく感じます。主婦の方も多く働いていますし、和気あいあいとした職場です」
店舗で預かった衣類を車で工場へと配送するのが藤田亮太さん(25歳)の仕事。即日仕上げの商品もあり、そのチェックも重要です。そして、洗いあがった衣類を、再び車に積み込み、店舗に納品します。担当するのは40店舗ですが、現在8人で分担しています。「一日2~3店舗を往復します。この仕事でいちばん大切にしているのが安全運転。トラックにもノムラクリーニングの名前が書いてあるので、どの場所にいても心がけていますね」。男性の仕事のように思いますが、女性の配送スタッフもいるのだそう。「車の運転が好きな方にはおすすめですね。服のことに詳しくなりますし、福利厚生もしっかりしていますよ」

忙しい主婦(夫)にぴったりの仕事・パート・バイトが見つかる!「おしごとnet」

「おしごとnet」には主婦(夫)のための求人、パート、アルバイトなど仕事情報が満載。「扶養の範囲で」「週3日から」「主婦(夫)歓迎」などの検索ができ、職場の雰囲気、主婦(夫)への優しさを数値化した「主婦(夫)ポイント」などの表示がサイトの特徴です。自宅の近くで、空いた時間に、短時間働けるパート・アルバイト情報から、子どもの成長や生活に合せてステップアップできる仕事、正社員や管理職をめざす仕事までさまざまな仕事を掲載。この「おしごとnet」は、女性のための地域情報紙を1971年から発行、情報を発信してきた「サンケイリビング新聞社」が、主婦(夫)の仕事探し、再就職を応援するためにスタートしたサイトです。